BLOG
2018年02月26日 17時18分 JST | 更新 2018年02月26日 17時18分 JST

バラの本数で愛を表現!ホテル見回りで若者カップルを監視!マレーシアのバレンタインデー事情

マレーシアでもバレンタインは重要な日

NNN

こんにちは! 木村希です。

さてもうすぐバレンタインデーですね。ご存知の通り、日本ではホワイトデーとセットで、女性から男性にチョコレートを贈る日として定着していますよね。マレーシア在住7年になる私にはとうに途切れてしまった習慣ですが......(笑)。先日、日本に一時帰国した際に寄ったデパ地下のバレンタインコーナーの賑わいには改めて驚きました!

日本では、ホワイトデーのお返しを楽しみにしている甘いモノ好きな女子も多いのでは...!?

しかし、その習慣は日本特有のものであることもご存知ですよね? そこで、こちらマレーシアではバレンタインデーがどういう位置づけにあるのか、調べてみました。

マレーシアでもバレンタインは重要な日

NNN

マレーシア人にとってもバレンタインデーは、ロマンチックな一大イベント。その日はおしゃれなレストランやバーは予約でいっぱいになり、特別メニューも登場します。この日に贈る定番プレゼントといえば、バラの花。それも男性が女性に花束で贈るのが定番なのですが、バラの本数によって異なる意味が込められるのです!

たとえば恋人へは「愛している、恋しい。愛し、大切にしてほしい」の気持ちを込めて6本、夫婦の場合は「安定の愛」を意味する12本。付き合いたての場合は「一目惚れ。たったひとりの人への深い献身的な愛」として1本でもOKのようです。この時期になると、繁華街にはかごにバラを刺して売り歩く少年少女が出没し、半ば強制的に売りつけてきます(笑)。

独身カップルの「不純異性交遊」をチェック!?

NNN

ただ、当地はイスラム教国家ということもあり、単に浮かれてもいられないのがマレーシアです。

毎年この時期になると、イスラム教政策を監督するマレーシア・イスラム開発局という国の機関が、バレンタインデーに「不道徳な行為と同義のことをしないように」と、イスラム教徒に対してお達しを出すのです。

また、この日にイスラム教徒の未婚カップルがホテルに泊まったりしないかなどの見回りも厳しくなるという話も......。バレンタインデーはキリスト教と関わりがあるぶん、イスラム教的にはあまり歓迎されないイベントなのかもしれませんね(マレーシアにはキリスト教徒もいますが)。

ただ、それよりも!

マレーシアは2月16日・17日のChinese New Yearに向けて旧正月ムード全開です! 今年もまた賑やかな時期がやってくるので心が躍ります。

Ambassadorのプロフィール

NNN

NNN

1988年、秋田県生まれ。山形大学在学中の2010年に初渡馬。2011年12月に子どもの遊び場『Jkids Malaysia Playground & Kids Party』1号店をオープン。その後3年でマレーシア国内8店舗を展開。同社を2015年8月末にて事実上退任、心機一転新会社を設立。同年10月にマレーシア初のファミリーカラオケ『Jparty Karaoke & Party Room』立ち上げに参画。のち「マレーシアと日本を繋ぐ」イベント&婚活ビジネスを始めた矢先、妊娠が発覚。並行してベビービジネスを開始。2016年4月「Made in Japan」ベビー&家庭用品専門店『PARADISE from Japan』を2店舗開店。更なる展開を目指す。マレーシア政府観光局公認インスタグラマー。夢はマレーシア観光大使になること。