WORLD
2021年01月15日 14時58分 JST | 更新 2021年01月15日 15時10分 JST

「私は100%人喰い人種」。“インスタのDM画像” 出回る。疑いかけられた俳優が役降板、DMは否定「偽物だ」

アーミー・ハマー氏は『Shotgun Wedding』で、ジェニファー・ロペス氏と共演する予定でした。

Tibrina Hobson via Getty Images
アーミー・ハマー氏

ソーシャルメディアに拡散したDM(ダイレクトメッセージ)画像が原因で、俳優のアーミー・ハマー氏が、アクションコメディー『Shotgun Wedding』の降板を発表した。

同映画でハマー氏は、ジェニファー・ロペス氏と共演する予定だった。

問題となった画像は、この数日前に拡散していた。ハマー氏と見られる人物がDMで自身を「人喰い人種」と呼び、「君の血を飲みたい」と訴えていた。

しかしハマー氏はE!ニュースなどに対し、DMの画像は偽物だと否定した。

「くだらない主張にはコメントしません。しかし悪意ある虚偽のネット攻撃のために、私は道義上、4カ月も子どもたちを置いてドミニカ共和国で撮影することができなくなりました。(映画製作会社の)ライオンズゲートが私の決断を支持してしてくれていることに感謝します」とハマー氏は反論している。

ライオンズゲートの広報は「アーミーが降板を申し出ました。私たちは彼の決断を支持します」とコメントしている。  

問題になったDM

拡散したDM画像では、何人かの人々が「ハマー氏からInstagramのDMが送られた」と訴えていた。

ソーシャルメディアに投稿された画像や音声では、ハマー氏とされる人物が「私は100%人喰い人種」「あなたの血が飲みたい」「君は私のものだ」「レイプしたい」などと発言していた。

ハマー氏から送られたといわれるDMの多くは、匿名で公開された。その1人、Instagramユーザーの@houseofeffie は、1月10日にDMをシェアした後に「シェアしたものは全て偽物」と認める発言をした。

しかしその後このユーザーは、「投稿は本物であり、熱狂的なファンが私によるDMを装った」と主張した。

ツイート:「houseofeffieがDMはジョークと言った」というスクリーンショットは偽物。debunkthecrazyがTumblrで、DMが簡単にフェイクで作れると証明していて、自分はハマーの広報担当者よりもいい仕事ができると冗談を言っている。

以前にハマー氏との交際が報じられたライターのジェシカ・シェンシン・ヘンリケス氏はTwitterで、DMは「本物だろう」と述べて@houseofeffieをサポートしている。

ヘンリケス氏は「私が男性嫌いだと主張する拡散している画像をたくさん見ました。はっきりさせたいのは、私は女性を愛し尊敬していて、女性の味方だということ、そして、そうしない男性が嫌いだということです」とツイートした。その後、アカウントを非公開にしている。

ハマー氏は『ソーシャル・ネットワーク』や『君の名前で僕を呼んで』『レベッカ』などの出演で知られており、2020年に離婚した番組司会者のエリザベス・チェンバース氏との間には、2人の子どもがいる。

ハフポストUS版の記事を翻訳・加筆しました。