WORLD
2021年02月16日 17時19分 JST

謎の光の玉が、電線の上を次々と走る。ゴーストバスターズを呼べ…!?

「今までこんなものは見たことがない」凍てつく街を襲った、光の塊の正体とは…

これはゴーストバスターズを呼ぶべきか?

冬の嵐に見舞われたアメリカ・ルイジアナ州で2月15日、火の玉のような光の塊がいくつも電線を走る光景が撮影された。

光の塊は大きな音を立てて電線を走っており、どこか不気味だ。

この塊を撮影したのは、配管工事の会社を経営するクリストファー・フィッツモリスさんだ。店の外で撮影したという。

フィッツモリスさんは地元テレビ局のWWL-TVに 「まるで竜巻のような音でした」「今までこんなものは見たことがない」と、目撃した時の驚きを語っている。

この現象は、ニューオーリンズ郊外にある変圧器の故障によって、「電力サージ」が発生したために起きたもの。

WWL-TVによると、電力サージによる停電で、ジェファーソン郡では約1万人が影響を受け、寒い中電力なしで過ごすことを余儀なくされた。

フィッツモリスさんの他にも、複数の人が光の塊を目撃し撮影している。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。