公衆電話が過去の遺物に。ニューヨークの最後の一台が撤去される

かつて街中で見られた公衆電話。とうとう最後の1台も姿を消すことになりました
撤去されるニューヨーク市最後の公衆電話
撤去されるニューヨーク市最後の公衆電話
TIMOTHY A. CLARY via Getty Images

アメリカ・ニューヨーク市では、公衆電話がついに過去の遺物となる日が来た。

マンハッタン中心部にあった最後の公衆電話ブースが5月23日、撤去された。

かつて街中で見られたシルバーと青の公衆電話は、2015年から6000台以上が取り除かれ、Linksという名前で知られる無料Wi-Fiスポット「LinkNYC」に置き換えられてきた。

LinkではWi-Fiだけでなく、デジタル通話や電子機器の充電もできる。資金は表示される動画広告でまかなわれている。

LinkNYCのWebサイトによると、5月24日時点でニューヨーク市の5つの区に1860台のLinksが設置されており、今後さらに増える予定だ。

ニューヨークに設置されているLinkNYC
ニューヨークに設置されているLinkNYC
Dia Dipasupil via Getty Images

地元メディア「ザ・シティ」によるとデジタルコンソーシアム「CityBridge」は、2026年までに、4000台以上を設置する契約をニューヨーク市と結んでいる。

時代の流れに抗えず、新しいスポットに取って代わられた公衆電話。

最後の一台の撤去を見届けたマンハッタン区のマーク・レヴィーン区長は「(公衆電話が壊れていて受話器を持ち上げても)発信音が聞こえないのが寂しくなるわけではありませんが、撤去されるのを見て、ちょっとした懐かしさを感じました」とツイートしている。

撤去された最後の公衆電話は、ニューヨーク市立博物館の展示会「アナログシティ」に出展される予定だ。

この展示会では、タイプライターやダイヤル式電話、図書館のカード目録など、パソコンやインターネット時代以前に広く使われていた物品が出展される。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。