NEWS
2019年10月12日 17時56分 JST

首都圏のJR在来線と東海道新幹線、13日の運行情報は?(台風19号)

JR東日本の発表によると、首都圏の在来線(特急列車含む)および新幹線も、少なくとも昼ごろまでは運転を見合わせるそうです。

JR東日本は10月12日、13日の在来線の運転の見通しを発表した

12日午前10時半の発表によると、13日は湘南新宿ライン全線や中央本線、青梅線の一部区間で終日運転を休止する。首都圏の在来線(特急列車含む)および新幹線も、少なくとも昼ごろまでは運転を見合わせるという。

台風の通過後に安全確認や設備点検を行う。JR東日本は「甚大な被害が予想され、被害を受けた線区では長時間にわたり運転見合わせとなる可能性がある」としたうえで、「運転再開後も通常より運転本数 が大幅に減る予定です」と呼びかけている。

 

13日の首都圏在来線の運休情報

・終日運転を取りやめる線区

湘南新宿ライン、中央本線(高尾~小淵沢間)、青梅線(青梅~奥多摩間)、烏山線、 水戸線、水郡線

 

13日の首都圏特急列車の運休情報

・終日運転を取りやめる列車

山形新幹線「つばさ」

東海道線特急「スーパービュー踊り子」、「踊り子」

中央線特急「あずさ」、「かいじ」、「富士回遊」

常磐線特急「ひたち」

特急「わかしお」、「しおさい」、「新宿さざなみ」、「新宿わかしお」

特急「日光」、「きぬがわ」、「スペーシアきぬがわ」

特急「草津」、「あかぎ」

武蔵野線「むさしの」、「しもうさ」

 

東海道新幹線、13日の運転計画

始発より運転の取りやめ、または列車の運休・遅れや行先の変更が発生する可能性が高い状況。台風の風雨が弱まった後で線路設備などの安全確認と支障物の撤去作業を行い、安全の確認が取れ次第、運転を再開する。