NEWS
2020年03月05日 11時41分 JST | 更新 2020年03月06日 16時45分 JST

厚労省、マスクの医療機関への優先供給「行った」。テレ朝『モーニングショー』に“異例“の反応【新型コロナ】

厚生労働省が、具体的な番組名を挙げて放送内容に言及するのは異例だ。

厚生労働省は3月5日、マスクの供給について、感染症指定医療機関などに「優先供給を行った」ことをTwitterで公表した

「医療機関におけるマスク不足」について取り上げた3月4日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、コメンテーターを務めた岡田晴恵氏が発言したコメントの内容に反応したものとみられる。

テレビ朝日公式サイト
テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』

厚生労働省は5日午前、医療機関へのマスクの供給について、情報をTwitterで公表。

同省は「感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行ったほか、都道府県の備蓄用マスクの活用や日本医師会や日本歯科医師会のルートを活用した優先配布の仕組みをお知らせしています」と説明した。

その上で、「最終的に全ての医療機関に十分なマスクが届くことが必要であり、引き続き、マスクの増産や全ての医療機関を対象とした優先供給を進めてまいります」と綴っている。

岡田氏は番組で、「医療機関におけるマスク不足」について取り上げたVTRの後、「まずは医療機関に配らなきゃダメです。ですから皆さん、マスクが欲しいのはごもっともなんですけれど、医療を守らなければ治療ができないから、医療機関、特に呼吸器関係をやっている人に重点的に配っていく(必要がある)」とコメントしていた。

厚生労働省が、具体的な番組名を挙げて放送内容に言及するのは異例だ。

岡田氏は白鴎大学で感染症学などを専門とする特任教授で、新型コロナウイルスの感染拡大のニュースが報じられるようになって以降、民放放送局の多くの番組にコメンテーターとして出演している。