これからの経済
2020年03月05日 18時14分 JST | 更新 2020年03月05日 18時31分 JST

イープラスが全額負担を表明。新型コロナによるチケット払戻し費用。「微力ながらも役立ちたい」

当期経営数値への影響を数億円と見込んでいるという。

corp.eplus.jp
株式会社イープラスの会社案内より

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、続々とイベントが中止になる中でチケット販売大手「イープラス」が立ち上がった。通常は興行主催者が負担することになっているチケット払戻しに伴う費用全額を、「イープラス」を運営する株式会社イープラス(東京都渋谷区)が負担することを決定したのだ。3月5日に、同社が発表した

対象となるのは、新型コロナウイルス感染症が原因となって、2月1日から3月31日までに中止が決定したイベント。

通常は興行主催者が負担することになっているコールセンターの人員、購入者から返送されたチケットの郵便代や開封・返金処理、返金に伴う振替払出証書の発行・郵送、現金振込手数料の費用を全額負担する。

プレスリリースによると、今回の決定は「ライブやイベントを心待ちにしているファンの皆様のためにも、業界団体や関係各社と連携し、1日も早い事態の収束へ向けて、アーティスト、チーム、劇団、イベント団体の活動に微力ながらも役立ちたい」と考えたと記している。

イープラス社では、払戻手数料の全額負担による当期経営数値への影響を数億円と見込んでいるという。

 

■株式会社イープラス・倉見尚也社長のコメント

 「当社は、月間数千公演のライブ・エンタテインメントのチケットを扱っております。現在、全国各地に渡る様々なジャンルの公演が、次々と中止・延期となっていくことを目の当たりにしております。それぞれの公演主催者の方は、苦渋な判断とその対応に追われていることと思います。当社も同様、その対応に追われておりますが、早期の事態の収束を祈るとともに、各種ライブ・エンタテインメントが早くお客様に届けられるよう当社も微力ながらも協力していくことが、この業界に携わる者として必要だと考え、このような対応の決断をいたしました」