新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月04日 10時12分 JST | 更新 2020年04月04日 10時13分 JST

森三中の黒沢かずこさん、新型コロナ感染と診断。鈴木おさむさんらからは応援の声

一時発熱症状があったが容態は回復し、自宅療養をしているという。吉本興業が発表した。

お笑いトリオ・森三中の黒沢かずこさんが、新型コロナウイルスに感染したと診断されていたことが明らかになった。一時発熱症状があったが容態は回復し、現在は自宅療養をしているという。吉本興業4月4日に発表した。

吉本興業のニュースサイトによると、黒沢さんは3月21日昼ごろに発熱症状があった。その後発熱はおさまったが、味覚、嗅覚の異常が続いたため、保健所に連絡した上で医療機関を受診。

肺炎の診断を受け、さらにPCR検査した結果、4月3日に新型コロナウイルスに感染しているとの診断結果を受けたという。

黒沢さんは発熱症状がすぐに回復した後も、医師の指導で2日間の自宅療養していたが、3月25日に撮影のため稼働。

26日以降は、仕事はすべてキャンセルしという。

現在は肺炎の症状も治まり、呼吸器症状もないが、味覚、嗅覚が感じづらくなっているため自宅療養しているという。

吉本興業は「医療専門家、行政機関の指導のもと、黒沢かずこの体調管理を徹底してまいるとともに、引き続き、お客様、所属タレント、関係各位の皆様、社員への安全確保を最優先に新型コロナウイルス感染予防、拡大防止を実施していく」としています。

このニュースに、メンバーの大島美幸さんの夫で作家の鈴木おさむさんは「コロナは他人事じゃない!黒沢、早く治して戻ってこれますように!」とエールを送った。脳科学者の茂木健一郎さんも「1日も早いご回復を」と祈った。