アートとカルチャー
2020年05月29日 12時26分 JST

山口百恵、遂にサブスク解禁 600曲以上が一斉に。人気絶頂期の引退から40年

オリジナルアルバム22枚、ライブアルバム6枚、女優として出演したサウンドトラック・アルバム8枚を網羅。600曲以上が一斉に配信される。

oriconnews
時事通信社
山口百恵さん

山口百恵ついにサブスク解禁 600曲以上が一斉に 人気絶頂期の引退から40年

1980年10月5日、日本武道館で行われた伝説の引退コンサートから40年。いまなお歌い継がれる永遠の歌姫、山口百恵の600曲以上におよぶ楽曲のサブスクリプション(定額制)ストリーミング配信が29日、解禁された。

 73年に14歳でデビューし、人気絶頂の21歳で芸能界を引退。わずか7年半の活動ながらも、日本歌謡史に名を残し、多くの人々の記憶に深く刻まれている永遠のカリスマ・山口百恵。昭和、平成、令和と歌い継がれる名曲のサブスク配信が長らく待ち望まれるなか、ついに解禁となった。

 デビュー曲「としごろ」をはじめ、大ヒット曲「ひと夏の経験」「横須賀ストーリー」「プレイバック part 2」「いい日 旅立ち」「秋桜」「さよならの向う側」を含む全シングル、そして、オリジナルアルバム22枚、ライブアルバム6枚、女優として出演したサウンドトラック・アルバム8枚を網羅。600曲以上が一斉に配信される。

 Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、Google Play Music、AWAほか主要ストリーミングサービスで聴くことができる。

関連記事

乃木坂46、定額制『のぎ動画』6・21開始 初映像化ライブなど見放題「より近くに感じて」

中島健人&平野紫耀、『PremiumMusic特別編』に生出演「心の癒やしになれば」

宇多田ヒカル、インスタライブで中村倫也と初トーク 10日に日英リモート生配信