アートとカルチャー
2020年11月21日 12時41分 JST

7歳のがん患者の少年、大好きなアクアマンからのサプライズに大喜び。「真のヒーロー」と感動広がる

『アクアマン』主演のジェイソン・モモアが「一緒にイルカに会いにいこう」。

Chris Hyde via Getty Images
ジェイソン・モモア=2018年12月18日、『アクアマン』のオーストラリアのプレミアにて撮影

人気スーパーヒーロー映画『アクアマン』の主演俳優ジェイソン・モモアと、7歳のがん患者の少年のやりとりに、感動が広がっている。

ボストンに住むダニーは、2017年にがんと診断された。脳や脊髄などに、珍しくかつ悪性度の高いがんを患っている。

ダニーの支援と回復のためのクラウドファンディングのサイトには、「生まれた時からの奇跡」として、ダニーは「家族の誇りであり喜びであり、そして何より大切なものである」と説明されている。

ダニーは化学療法などを受け、闘病を続けている。

 

ことの発端は、ダニーが大好きなアクアマンのフィギュアをもらった時の様子を映した、母親のFacebookへの動画投稿だった。

ダニーは、プレゼントの包装を破くなり、フィギュアを見つけ、「なんてことだ! 大好きなアクアマン!!!」と叫んで、大喜びの様子を見せた。

この動画がネットユーザーに拡散され、モモアのもとにも届いたのだ。

モモアはFaceTimeを使ってダニーに連絡をとった。その時の動画を、インスタグラムに投稿した。

電話がつながると、ダニーは「こんにちは、アクアマン」と挨拶。モモアも「こんにちは、美しい男の子」と返した。

ひとつに結っていた長い髪をほどいておろし、アクアマンのビジュアルに寄せている。

2人はイルカの話もしている。

アクアマンは海底の国アトランティスの王子で、海の生物と会話ができ、彼らを従え戦いに挑む。映画には、イルカも登場するのだ。

イルカが好きだというダニーだが、直接見たことはないそう。モモアは、「だったら実現させよう」「イルカに乗るのは、すごく楽しんだよ」と答え、いつか一緒にイルカに会いにいこうと話している。

ダニーがアクアマンのフィギュアを見せると、モモアも大笑いするなど、楽しそうなやりとりが続く。この動画に、「泣けてきた」「これこそが、真のスーパーヒーローの姿だ」「ダニーにとって、アクアマンは救いだ」など、称賛のコメントが相次いでいる。 

モモアはインスタグラムで、動画を拡散したファンや、ダニーの家族、友人に感謝の気持ちを伝えた。あわせてダニーを支援するクラウドファンディングのサイトについても紹介している。

 

この記事はハフポストUS版を翻訳・編集しています。