新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2021年01月21日 05時01分 JST

新型コロナは、百万の聴衆を虹色のフラッグに変えた。大統領就任式の様子(画像)

就任式が開かれた連邦議会議事堂前のナショナルモールは閉鎖され、普段のような聴衆の姿はなかった。

アメリカ大統領就任式が1月20日(現地時間)に開かれ、民主党のジョー・バイデン氏が第46代大統領に就任した。

通常は百万人規模の聴衆が集まる就任式も、今回は新型コロナウイルスの感染拡大や、1月6日に起きた議事堂暴動を受けた厳戒態勢のため、全く違った風景となった。

通常であれば、連邦議会議員など配られていた20万枚のチケットも、配布取り止めとなった。

就任式が開かれた連邦議会議事堂前のナショナルモールは閉鎖され、普段のような聴衆の姿はなかった。その代わりに、色とりどりのフラッグの列で埋め尽くされ、虹色を描いた。

Getty Images
ナショナル・モール前に並べられたフラッグの列

飾られたフラッグはおよそ20万本。新型コロナウイルスで亡くなった40万の国民への追悼や、就任式に参加できなかった招待客や聴衆を表しているという

過去の風景はどうだったのか。4年前のトランプ氏の就任式には多くの聴衆が集まった。その数は、およそ90万人と推計されている

REUTERS
トランプ氏の就任式(2017年)

さらに人手が多かったのが、オバマ氏の就任式だ。ABCニュースによると、初当選した2009年には約180万人が集まったという。

REUTERS
オバマ氏の就任式(2009年)

3つを比べると、こうなる。

Getty Images / Reuters
左からトランプ氏の就任式(2017年)、バイデン氏の就任式、オバマ氏の就任式(2009年)