東京ダイナマイト・ハチミツ二郎さん、コロナ陽性になっていた⇒一時危篤状態だったと明かす

現在は退院し、仕事復帰しているという。
イメージ画像
イメージ画像
kieferpix via Getty Images

ハチミツ二郎、新型コロナ陽性→退院「重症化、危篤状態になっていました」

お笑いコンビ・東京ダイナマイトハチミツ二郎(46)が21日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス「陽性」となり、1ヶ月入院していたことを明かした。

ハチミツ二郎は、病院での写真を添え「新型コロナウイルス陽性となり、重症化、危篤状態になっていました」と告白。「ICUで8日間眠り続け、1ヶ月入院。現在は退院し、退院後のPCR検査も陰性。仕事も復帰しています。意識が戻った後、IUCでずっとテレビだけを観ていました。フトン巻きのジローのCMが印象に残っています」と記した。

フォロワーからは「復帰できて良かったです、お疲れ様でした。後遺症等のお話も聞きますのでお大事になさってください」「ビックリしまさした。意識が戻り、回復傾向でよかったです。これからも頑張ってください」など気遣う声が届いている。

【関連記事】

ホームページへ