WORLD
2021年02月02日 12時30分 JST

K-POPスターが「ナチスのマネキン」との写真をインスタ投稿 ⇒「認識が甘かった」事務所が謝罪

GFRIENDのソウォンさんが、ナチスを連想させる制服を着たマネキンとの2ショット写真を投稿していた。

ImaZins via Getty Images
GFRIENDのソウォンさん(2020年11月9日撮影)

韓国発、日本でもデビューしているガールズグループGFRIENDのメンバーであるソウォンさんが、ナチスを連想させる制服を着たマネキンと撮った写真をインスタグラムに投稿した。その後不適切だとネットで批判があがり、投稿を削除。所属事務所SOURCE MUSICが謝罪した。

BBCCNNなどによると、当該写真は2020年11月にGFRIENDが動画を撮影したカフェで撮られたものだと事務所が説明。

インスタグラムに投稿された写真は、ソウォンさんがマネキンに寄り添ったポーズなどで撮影されていた。

同事務所は、「撮影当日、現場のチェック過程でマネキンの服装に問題があったということを担当部署で認識できなかった」とし、映像と写真を公開する際も、「内部の検査や会議でも、問題になった部分に気付くことができなかった」と経緯を明かした。

その上で、「歴史的事実と社会問題についての認識が甘かった」とし、謝罪した。

The Chosunilbo JNS via Getty Images
GFRIEND(2020年11月9日撮影)

また、ソウォンさんの投稿については、「本人も写真の意味を知り、驚いてすぐに写真を削除しました」とし、「このような写真を投稿したことに、本人も責任を感じています」と説明した。

現在は当該投稿は削除。動画も修正されている。

韓国のグループでは、2018年にBTSをめぐり、過去にナチス親衛隊の記章がデザインされた帽子をかぶり、ナチスを模倣した旗を掲げるパフォーマンスをしていたと、アメリカのユダヤ人団体が非難。その後、BTSは謝罪を表明した。