SNSとの距離

皮膚で聞く━━。触覚を使った情報伝達技術「ハプティクス」が熱い注目を集めている。すでにゲームのコントローラなどに実装された触感再現のみならず、応用研究も進んでいるが、この分野で存在感を見せるのがFacebookだ。
警察に相談する考えを明かし、「被害者が泣き寝入りという例がありすぎる」などと考えを綴った。
中国のSNS・ウェイボーが、BTSなど人気アイドルのファンアカウントを一時停止し、規約違反と判断した投稿を削除した。「ファン経済」の規制強化に乗り出した中国政府の方針を受けた動きだ。
親世代が知るべき、子どもたちを守るためのInstagram(インスタグラム)の新しい対策。インスタが取り組むソーシャルメディアの安全性、特に子どもの利用の仕方、大人と子どもたちとの関係改善に迫る。
PRESENTED BY Instagram
一時的に自分のアカウントをロックダウンできる機能です。
「よくないね」ボタンは、ツイートへのリプライに対して押せるというもの。つぶやいた本人には見えず、ツイートを閲覧している第三者だけに表示されます。
世界にインパクトを与えた音声SNS。長らくIOS限定だったが、5月にAndroid版アプリをリリースしていた。
「学校へ行く意味がわからなくなった」と言う、俳優のゆうたろうさん。不登校になった中学1年生から現在に至るまでのお話をうかがいました。