NEWS
2021年03月18日 17時00分 JST

ZOZOTOWNにコスメ専門モール登場、肌色が計測できるメガネ型端末「ZOZOGLASS」を同時リリース

現在ディオールやコフレドールなどをはじめ、国内外の500ブランドをラインアップしている

TechCrunch Japan

ZOZOは2021年3月18日、ファッション通販サイトZOZOTOWNにコスメ専門モール「ZOZOCOSME(ゾゾコスメ)」をオープンした。オープンと同時にZOZOCOSMEで使えるフェイスカラー計測ツール「ZOZOGLASS(ゾゾグラス)」のサービスも開始している。

さっそく今回オープンしたZOZOCOSMEを見ていこう。ZOZOTOWNのトップ画面に「コスメ」のタブが新設されているので、ここからZOZOCOSMEに進むことができる。

ZOZOによると、ZOZOCOSMEはコスメの購入に特化したサイトづくりをしていて、アイテムを探しやすいUIを追求したという。例えば、アイシャドウやリップなど色展開の多いアイテムには、商品の色展開をアイコンで表示し、どんな色があるかひと目で分かるようにした。

TechCrunch Japan

 また、検索画面の「こだわり条件」もカテゴリーごとに検索項目を変えることで、ぴったりの商品を見つけやすくしている。例えば、アイシャドーのこだわり条件には質感、形状、成分といった項目があるのに対し、化粧水のこだわり条件はお悩み別、肌質、使用感など異なる項目を用意しているのだ。

今回サービスを開始したフェイスカラー計測ツール「ZOZOGLASS」も、ZOZOCOSMEでのコスメ選びをサポートする位置付けのプロダクトだ。ECの場合、写真撮影や画面表示によって実際の商品の色と違って見えることがあり、そのコスメが自分に合う色かどうか分かりづらい。ZOZOGLASSでは、ユーザーの肌の色を計測し、ZOZOCOSME内で自分の肌色にマッチする商品を分かるようにすることで、コスメを買いやすくしたい考えだ。

使い方はZOZOGLASSをかけ、専用アプリの指示に従い、顔をカメラに向けて測定する。アプリは撮影中、ZOZOGLASSのフレームにあるカラーチップの変化をもとに環境光や環境色を割り出し、正しい肌の色を計測しているのだそうだ。

TechCrunch Japan

計測結果では自分の肌色に加え、顔のパーツごとの色やパーソナルカラーを確認できる。また、利用者はZOZOCOSME内で、自分の肌色に合う商品を探せるようになる。現在ZOZOGLASSに対応しているのはファンデーションの一部商品で、計測したユーザーの肌色に近いファンデーションを表示する機能が利用できる。

TechCrunch Japan

同じブランドのファンデーションの商品でも複数の色が用意されていることが多いので、その中から自分の肌に近い色がどれか分かり、そこを基準にイメージに合う商品を選べるのは確かに便利そうだ。ただ、ファンデーションはコスメの中でも顔全体に使用するものなので、色と同時に、質感や使用感も選ぶ際に気になる点だろう。ZOZOGLASSの結果に合わせ、他のコスメの口コミサイトなどを参考にしながら商品を選ぶのが一番失敗のないファンデーションの買い方かもしれない。

今後、ファンデーション以外にもリップやチーク、マスカラなどのレコメンド機能を追加する予定とZOZOは発表している。これまで自分では気づかなったけれど、自分に似合う色のコスメをおすすめしてくれるなら、新しいコスメを試し、メイクの幅を広げるきっかけとなるかもしれない。

TechCrunch Japan
ZOZOCOSME 参加ブランドの一部。