WORLD
2021年05月17日 17時41分 JST

30キロの大型犬、突風に襲われ宙を回転。驚きの映像が撮影される

子どもたちと外で遊んでいる時におきたハプニング。新たなニックネームは「デューク・ザ・フライング・ドッグ」だそうです。

アメリカ・バージニア州のウェイヤーズ・ケーブで、「デューク」という名の体重30キロ以上の大型犬ラブラドール・レトリーバーが、突風に巻き込まれ、空を飛ぶ映像が撮影されました。

デュークは風に持ち上げられ、宙を回転。その後、地面に打ち捨てられました。幸いなことに無傷だったといいます。

 

「いったい何が起こったのでしょうか? デュークは少し驚いたようで、周りを見回していましたが、その後すぐに子どもたちと遊ぶことを再開しました」

飼い主のブルターニュ・ワンプラーさんは、地元テレビ局WHSVの取材に対し、そう語りました。

デュークが突風に襲われていた時、ワンプラーさんは仕事の最中だったといいます。3人の子どもたちから信じられない出来事が起こったと報告され、彼女はカメラ映像を探しました。その映像は、隣人のドアベルのカメラで撮影されたといいます。

ワンプラーさんはThe Dodoの取材に対し、デュークの新たな「ニックネーム」についても明かしています。

「デュークは、私たち家族から「デューク・ザ・フライング・ドッグ」と呼ばれています。子どもたちは、彼にマントを買おうと冗談を言っています。しかし、願わくは彼が二度と空を飛んでほしくはありません」

 

国立気象局は、デュークを襲った突風は塵旋風(じんせんぷう)である可能性が高いと指摘しています。塵旋風とは、ほこりや粉塵が激しく舞い上がることで発生し、「旋風」とも呼ばれています。晴天で強風の乾燥した日中によく発生すると言われています。 

 

この記事はハフポストUS版を翻訳・編集しました。