『世にも奇妙な物語’21 夏の特別編』4作品のあらすじは?上白石萌歌さん、加藤シゲアキさんなど出演

上白石萌歌さん、加藤シゲアキさん、吉瀬美智子さん、又吉直樹さんが主演を務める。また、声優の梶裕貴さんも出演。
左から吉瀬美智子さん、上白石萌歌さん、又吉直樹さん
左から吉瀬美智子さん、上白石萌歌さん、又吉直樹さん
時事通信社

6月26日のよる9時から、フジテレビ系列にて『世にも奇妙な物語’21 夏の特別編』が放送される。

タモリさんがストーリーテラーを務め、オムニバス形式で放送する本作。今回放送されるのは4作品で、上白石萌歌さん、加藤シゲアキさん、吉瀬美智子さん、又吉直樹さんが主演を務める。

それぞれのあらすじと見どころを紹介する。

上白石萌歌さん主演『デジャヴ』

『世にも奇妙な物語』シリーズに出演するのが「昔からの夢で、幼い頃からの憧れ」だったとインタビューで明かした上白石萌歌さんが主演を務めるのは『デジャヴ』。

主人公の南野ひかりは、度重なる「デジャヴ」を体験し、その後は激しい頭痛に襲われていた。ある日、父(鶴見辰吾)の書斎で覆面をかぶった男が部屋を物色しているのを目撃してしまう。目覚めるとひかりは、真っ暗な部屋でベッドに横たわっていた。

加藤シゲアキさん主演『三途の川アウトレットパーク』

NEWSのメンバーで、小説家でもある加藤シゲアキさんは、寺田浩晃さんの同名マンガを原作とした『三途の川アウトレットパーク』で主演。

加藤さん演じる木村孝は、目を覚ますと「三途の川」と書かれた看板に気が付く。目の前には巨大なショッピングモールがあり、ここでは来世のための買い物ができるのだという。

加藤さんは本作について「決して爽快な話ではないけれど、見終わった時にじわっと広がる人の思いや温度のようなものがある」とコメント。孝が生前出会った入院患者の大原芽生を、島崎遥香さんが演じる。


又吉直樹さん主演『成る』

『成る』では、 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんがプロの棋士役を演じ、AI棋士との対局を描く。

又吉さん演じる岩屋賢太郎は、AI棋士の「不惑」を相手に対局中。駒を返すと、そこには岩屋が一緒に居るところを週刊誌に写真を撮られた女性の名前が書かれている。岩屋は妻と離婚協議中で、その名前に動揺しながらも対局を進めていくと、ある思い出が蘇り…。

吉瀬美智子さん主演『あと15秒で死ぬ』

榊林銘さんの小説を原作とした『あと15秒で死ぬ』で主演を務めるのは吉瀬美智子さん。

吉瀬さん演じる薬剤師・三上恵は突如体が動かなくなってしまい、背中を銃で撃たれたことに気づく。そこに死神が迎えに来て、あと15秒間だけ寿命が残っていることを告げられる。恵は残りの15秒でどんな行動をとるのか?

死神役には、人気声優の梶裕貴さんが抜擢。特殊メイクを施しており、顔や耳、手などが青い姿をしている。死神役を演じるにあたり、インタビューでは「非常に遊びがいのあるキャラクターだなと感じました。その分、とても難しい役柄だな、とも」感じたと明かしている。

吉瀬さんのTwitterでは、ツーショット写真が投稿されており、ファンからは「梶さんの演技楽しみ」「素敵な2ショット」などの喜びの声があがっている。