NEWS
2021年10月25日 12時36分 JST

台風20号が発生。今後の予想進路は?日本への影響の可能性は【台風情報】

今後の情報に注意が必要です。

気象庁公式サイトより
台風20号の予想進路と予報円

10月25日午前、台風20号が発生したと気象庁が発表した

台風は25日午前9時時点で、フィリピンの東の海上を北西に進んでいる。今後の予想進路や日本への影響をもたらす可能性などについて情報をまとめる。

台風20号の詳細は

気象庁の発表によると、台風20号の中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル・最大瞬間風速は25メートルで、中心の北東側440キロ以内と、南西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

台風は1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいて、この後次第に進路を北東へと変え、週末にかけ小笠原諸島に接近する可能性がある。

28日午前9時時点の予測では、中心気圧は950ヘクトパスカルの「非常に強い台風」に発達する見込み。

この時点での最大瞬間風速は60メートルが予想されていて、予報円の中心から半径410キロ以内では風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがある。

予報円を見ると、台風は29日から30日にかけて本州付近に最も近づくとされている。30日9時には温帯低気圧に変わる見込みとなっている。