ホワイトハウスに猫が来た!13年ぶりの「ファーストキャット」はこの子【画像集】

バイデン大統領と妻のジル・バイデン氏はかねてより「ホワイトハウスで猫を飼う」と伝えられていました😻🐈

ホワイトハウスに猫が来た!

バイデン大統領の妻ジル・バイデン氏が1月28日、自身のTwitterで「ファーストキャット」をお披露目した。

ジル氏が投稿で明かした名前は「Willow」(ウィロー)。

灰色で短めの毛を持つウィローは、すっかりホワイトハウスに馴染んでいるよう。ジル氏が投稿した3枚の写真の中には、ホワイトハウス内とみられる赤いカーペットの上でくつろぐ姿もあり、なんとも愛らしい…!

CNNによると、ウィローという名前は、ジル氏の故郷であるペンシルバニア州ウィローグローブをイメージした名前。

大統領夫人の報道官の情報として、2020年の選挙活動でステージに飛び乗ってきた猫だといい、「ウィローはお気に入りのおもちゃやおやつ、匂いを嗅いだり探検したりできるたくさんのスペースとともに、ホワイトハウスになじんでいます」と伝えている。

ウィローはホワイトハウスに「友達」はいる?

ウィローは現在、ホワイトハウスでバイデン夫妻が2021年12月に迎えたジャーマンシェパードの子犬、「コマンダー」と一緒に暮らしている。

ホワイトハウスの芝生で遊ぶ「コマンダー」(2021年12月24日撮影)
ホワイトハウスの芝生で遊ぶ「コマンダー」(2021年12月24日撮影)
via Associated Press

ホワイトハウスにはこれまで、バイデン夫妻の愛犬だったジャーマンシェパードの「チャンプ」と「メジャー」がいたが、「チャンプ」は2021年6月に13歳で亡くなった。

もう一匹の「メジャー」は、ホワイトハウスの警護官らに噛み付く“事件”を起こして以降、離れた場所で生活しているという。

バイデン大統領の愛犬チャンプとメジャー(2021年3月31日撮影)
バイデン大統領の愛犬チャンプとメジャー(2021年3月31日撮影)
POOL New via Reuters

ホワイトハウスにこれまでいた猫は?

トランプ前大統領はホワイトハウスでペットを飼わず、オバマ氏は、「ボー」と「サニー」という2匹のポーチュギーズ・ウォーター・ドッグを飼っていたが、猫は飼わなかった。

最後にホワイトハウスで暮らした猫は、ジョージ・W・ブッシュ氏が飼っていた「インディア」だ。

「ウィリー」というニックネームでも呼ばれたこの黒猫は、ブッシュ氏が大統領を退任する直前の2009年1月に他界するまで、18年間をブッシュ家とともに過ごした。

クリントン一家が飼っていた黒白の猫「ソックス」も有名だ。

「ソックス」は、一家がアーカンソー州で暮らしていた時に、娘のチェルシー・クリントン氏の腕に飛び込んできた迷い猫だった。

1994年当時の「ファーストキャット」。ホワイトハウス記者会見室の壇上から周りを見渡す、クリントン家の猫ソックス(1994年3月19日)
1994年当時の「ファーストキャット」。ホワイトハウス記者会見室の壇上から周りを見渡す、クリントン家の猫ソックス(1994年3月19日)
ASSOCIATED PRESS

【バイデン家にやってきたウィロー】

ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
Handout . via Reuters
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
Handout . via Reuters
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
Handout . via Reuters
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
Handout . via Reuters
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
ホワイトハウスにやってきた「ウィロー」(2022年1月27日撮影、ホワイトハウス配布写真)
Handout . via Reuters

Popular in the Community