「韓国ドラマは倍速視聴」も。イントロを飛ばす人は映画・ドラマをどう観ている?生の声を聞いてみた【アンケート結果】

B’zの名曲『LOVE PHANTOM』で議論になった“イントロ飛ばし”。「先を急ぎたい・知りたい」という気持ちは、映画やドラマの視聴にも表れているようです。
映像視聴のイメージ画像
映像視聴のイメージ画像
Getty Images

10代・20代など若い世代の一部には楽曲を聴く際にギターソロやイントロを飛ばす人がいることが、テレビ番組の特集で放送されて以来、話題だ。

番組の中で、歌い出しまで約80秒で「イントロが長い曲」としても知られる人気ロックユニット・B’zの90年代を代表する楽曲『LOVE PHANTOM』が取り上げられると、Twitterでは日本のトレンドになった。

これを受け、ハフポスト日本版は10代から60歳以上の様々な世代の方に記事の中でアンケートを行ったところ、290件以上の回答が寄せられた。

その結果、いわゆる“イントロ飛ばし”をしたことがある人の割合は回答者のうち21.6%で、映画やドラマ・MVなどを倍速で見たことがある人の割合は31.6%だった。

どのような理由でそうするのか。お寄せ頂いた「生の声」を抜粋して紹介する。

“イントロ飛ばし”への様々な声。『LOVE PHANTOM』は飛ばさない理由はなぜ?

アンケートに回答した人の世代の割合は、10代が8.2%、20代が24.7%、30代が20.9%、40代が30.1%、50代が13.4%、60代が2.7%だった。

はじめに、「楽曲を聴くとき、イントロを飛ばしたことがありますか?」との質問には12%が「ある」と回答。「曲やアーティストによる(がある)」が9.6% だった。「ない」と答えた人は78.4%だった。

2割近くの人が過去にイントロを飛ばしたことがあることが分かった。

アンケートの結果
アンケートの結果
Huffpost Japan

そのうち、「『ある』『曲やアーティストによる』と答えた方、それはなぜですか?」との質問には、「少しでも早く歌声(歌詞)を聞きたいから」が42.9%、「別の理由がある(項目にはない)」と答えた人が40.8%、「なんとなく」が10.2%、「イントロはいらないと思う」という意見が6.1%だった。

アンケートの結果
アンケートの結果
Huffpost Japan

「別の理由がある」と答えた人からは、下記のような意見が寄せられた。

・時間がもったいないから/無駄に長いものは飛ばす

・サビだけ手っ取り早く聞きたいことがあるから

・聴き始めた時にイントロがつまらないと次の曲に進む

・歌を聞く時、メインの対象(目的)は「音」ではなく「歌詞」だから

若者世代の一部には「長い」「飛ばしていいですか」と言われていたB’z の『LOVE PHANTOM』のイントロ

一方で、イントロを頻繁に飛ばすと答えた人の中でも、同曲は飛ばさないという人もいた。「(イントロの)冒頭の時点で(曲の)世界観が分かるから」などという理由だった。

実際に同曲をめぐっては、Twitterで「確かに長くは感じる」としながらも、「『LOVE PHANTOM』はイントロが良いんじゃん」「あれがあるから、歌い出しがかっこいいんだよ」などというツイートも見られるなど、会話が盛り上がっていた。

「ギターソロ」についてもある調査がある。

音楽メディアの運営会社が25歳以下の男女120人に実施した「曲中のギターソロ」に関する調査によると、60.8%が「イントロがエレキギターの曲を聴く」と回答した一方、37.5%が「聴かない」、「イントロだけ飛ばす」が1.7%だった。

今絶大な人気を誇るミクスチャーバンド、King gnuでギター・ボーカルなどを担当する常田大希さんはTwitterで「焦るなよ。またそのうちギターの時代が始まるのだよ」と言及している。

映画やドラマは1.5倍速視聴?「韓国ドラマは...」

今回のアンケートでは、“イントロ飛ばし”に関連して「映画やドラマ、MVなどを倍速(1.5倍速など)で見たことがありますか?」という質問も付け加えた。

これに対し、「ある」と答えた人は26.1%、「いつもそうだ」と答えた人は5.5%、「ない」としたのは68.4%で7割近くの人が「ない」という結果だった。

アンケートの結果
アンケートの結果
Huffpost Japan

「『ある』『いつもそうだ』と答えた方、それはなぜですか?」という質問の回答では、「少しでも早く見終えるため」が40.7%、「忙しいから」が16.5%、「気分でなんとなく」が8.8%、「他に理由がある」が34.1%だった。

また、倍速で見たことが「ある」「いつもそうだ」と回答した方々に「倍速で見ないことがあるとすれば、その理由はなんですか?」と問うと、「好きな俳優やアーティストが出ているから」が14%、「作品や映像による」が73.3%、「他に理由がある」が12.8%だった。

アンケートの結果
アンケートの結果
Huffpost Japan

一方、倍速で見たことが「ない」と回答した人にその理由を問うと、「速く見るよりも作品の世界観に浸りたいから」が69.3%、「倍速視聴だとストーリー展開などが追えなくなるから」が13.8%、「セリフなどをかみしめて見たいから」が12.7%、「なんとなく」が4.2%だった。

アンケートの結果
アンケートの結果
Huffpost Japan

倍速視聴の経験がある人の自由記述の中には、「韓国ドラマは1話が1時間以上の作品が多く、また話数も多いため、見飽きないように倍速で観ている」との声もあった。

改めて調べてみると、例えば、日本でも人気作となったNetflix配信の韓国ドラマ『愛の不時着』は、最も短い1話が71分(第1話と第3話/1時間11分)で、最終話は112分(第16話/1時間52分)という尺となっている。

東京で開催された「愛の不時着」展(2021年1月)
東京で開催された「愛の不時着」展(2021年1月)
時事通信社

そのほか、倍速視聴をする理由として、以下のような意見があった。

・少し速めて見ても内容を理解できるから

・2倍速で2回見た方が記憶に残るから

・全体像を掴みたい。見所は時間をかけてみたり、リピートする

・ストーリーを急いで追いたくなってしまう/展開を早く知りたい

・少ない空き時間で、より多くの情報を得たいから。話題の映画やドラマはおさえたいけど、視聴できる時間に対して作品が多過ぎる

・障害のため、自分の耳で聞く音が拾えなかったり、テンポが遅い話し声が頭に入らなかったりするため聴きやすい速度で合わせている

20代以下の若者以外からも回答を得たアンケートの結果、全体としては、音楽であれば「サビ」、ドラマや映画などの映像作品であれば「全体像」やストーリー展開を早く見聞きしたいという意見が多かった。

限られた時間の中で、情報の取捨選択をする過程で「倍速視聴」を選ぶ人もいた。

音楽や映像作品の楽しみ方は人それぞれ。参考になる声はあっただろうか。今回のアンケートに回答して下さった方、ご協力ありがとうございました。(※19日正午をもって回答を締め切りました)