WORLD
2019年10月02日 11時16分 JST | 更新 2019年10月02日 14時55分 JST

女性が動物園の柵を乗り越え、ライオンを挑発する。「全てがクレイジーだった」

「私が見たとき……彼女はすでに柵の内側にいました」

アメリカ・ニューヨーク市のブロンクス動物園で9月28日、来園者が安全柵を乗り越えて、ライオンの展示エリアに入ったことが問題になっている。

展示エリアに入った女性は、ライオンのすぐそばまで近づいてダンスを踊り、ライオンに声をかけたという。

その時の様子を、通りかかった別の来園者が撮影してInstagramに投稿した。

ライオンと女性を隔てているのは、深さ14フィート(約4.26メートル) の堀だけだった。  

動画を撮影したエルナン・レイノソさんは、ダンスをする女性を見たときに「最初は展示の一部だと思った」とニューヨークのテレビ局WNBCに語った。しかしすぐに、そうではないとわかったという。     

「私が見たとき……彼女はすでに柵の内側にいました。踊りながら『Hi(こんにちは)』とライオンに声をかけていました。全てがクレイジーだった」

ライオンが興奮し始めて女性に唸り声をあげるのを見て、レイノソさんは家族を連れてその場から去ったという。  

この出来事で怪我人はいなかった。しかしブロンクス動物園は、こういった行為は一切許容できないとし、次のような声明を発表した。

「この行為は、重大な違反であり、不法侵入です。重症や死亡事故になった可能性もあります。動物園の安全策や規則は、来園者、スタッフ、そして動物の安全を守るためのものです」

女性の身元は明らかになっていない。しかし動物園は女性を告訴する用意をしており、警察が不法侵入の疑いで調べているという。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。