NEWS
2013年08月27日 01時20分 JST

「2ちゃんねるビューア」利用者の個人情報およそ3万件が流出 メールアドレスやクレジットカード番号なども含まれる

2ちゃんねる

インターネット掲示板「2ちゃんねる」の有料閲覧サービスの会員個人情報が、ネット上に流出していたことが分かった。朝日新聞デジタルが報じた。

流出したのは、2ちゃんねるのサーバー管理会社(米国)が運営する有料閲覧サービス「2ちゃんねるビューア」の会員情報で、登録者の会員登録日時、メールアドレスやパスワード、氏名のほか、クレジットカード番号やクレジットカードのセキュリティーコードも含まれ、およそ3万件の個人情報が流出したと見られている。

2ちゃんねるビューアは、利用者の間では通称「●(まる)」と呼ばれ、時間が経過し見られなくなった過去の掲示板の書き込みを閲覧できたり、掲示板に書き込みする際の制約が減るなどの利点がある。年額3600円から利用でき、支払いはクレジットカードの他にも、電子マネーを利用することもできる。

zakzakによると、2ちゃんねるビューアの公式サイトは26日未明、情報流出について謝罪のコメントを掲載。「該当範囲及び原因につきましては現在調査中です。お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません」としていたが、26日12:45現在、公式サイトからはその記述は削除されている。