NEWS
2013年09月14日 01時40分 JST | 更新 2013年09月14日 01時53分 JST

くまモン、巨大な「田んぼアート」に 熊本

玉名地域振興局

稲穂が色づき始めた9月12日、熊本県玉名市の「たまな稲(いいね)!田んぼアート」プロジェクトの一環で、熊本県の人気キャラクター・くまモンの巨大な「田んぼアート」が出現した。

【くまモンの関連記事】

田んぼアートとは、田んぼをキャンパスに見立て、葉や稲穂の色が異なる稲を使って絵を描くこと。広さおよそ40アールの水田に、20メートルの大きさのくまモンが温泉につかってくつろぐ様子が表現されている。

くまモンの田んぼアートは、地域を盛り上げようと熊本県北稜高等学校の農業クラブが企画。稲穂の成長とともに絵が浮き上がるように、うるち米や古代米など7種類の稲を植えて、くまモンが温泉でくつろぐ様子をデザインした。

12日に行われた鑑賞期間オープニングイベントには、蒲島郁夫・熊本県知事やくまモンも訪れ、田んぼに描かれた絵を眺めた

NHKニュースによれば、田んぼアートを企画した北稜高校造園科の山本聡士君は「これから見ごろを迎える田んぼアートをたくさんの人に見に来てほしいです」と話していたという。

今後も、田んぼアートを鳥から守る「くまモン案山子コンテスト」や「熱気球に乗ってくまモンを見るモン」などのイベントが予定されている

関連記事

田んぼアートの写真集