NEWS
2013年11月03日 23時11分 JST | 更新 2013年11月03日 23時18分 JST

「広域避難」を想定した相互協定進む 震災の教訓広がる 東京都と17の政令指定都市で

大規模災害時の住民避難をめぐって、全国の政令指定20市と東京都のうち、18自治体が都道府県境をまたぐ「広域避難(疎開)」を想定した相互受け入れ協定を結んでいることが朝日新聞社の調べでわかった。11自治体は東日本大震災後に新たな協定を締結。最大47万人が避難を迫られた大震災の教訓が広がっている。

EPAJIJI

このエントリは、期限切れになった