東京モーターショー2013、美しいコンパニオンと自動車の競演

2年に1度の自動車の祭典「第43回東京モーターショー」が、11月20日に開幕した。自動車や2輪車など計76台が世界初公開された。東京都江東区の東京ビッグサイトで、家電各社など異業種も含めて12カ国から170社以上が参加した。
|
Kenji Ando

2年に1度の自動車の祭典「第43回東京モーターショー」が、11月20日に開幕した。自動車や2輪車など計76台が世界初公開された。東京都江東区の東京ビッグサイトで、家電各社など異業種も含めて12カ国から170社以上が参加した。

スバルが精悍なスポーツワゴン「レヴォーグ」をお披露目したほか、ホンダは軽自動車枠のオープンスポーツ「S660」を展示。どちらも大勢の報道陣が押し寄せていた。アメリカの電気自動車ベンチャーのテスラ・モーターズが初参加した一方で、同国のビッグ3(GM、フォード、クライスラー)は3回連続で不参加となった。

11月20~21日は報道機関向けの事前公開デー。一般公開は23日から12月1日までの約1週間。今月後半は次世代の自動車に出会えるチャンスだ。

2013年11月20日のプレスデーに撮影

第43回東京モーターショー写真集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

東京モーターショー2013ハイライト