NEWS
2014年07月24日 17時29分 JST | 更新 2014年07月24日 17時31分 JST

【マレーシア航空機撃墜】マレーシア人犠牲者の遺体帰国、数カ月後になる可能性

マレーシアのナジブ首相は24日、マレーシア航空機撃墜事件の犠牲者の遺体が帰国するまでに「数週間か数カ月」かかる可能性があるとの見方を示した。

Reuters

[クアラルンプール 24日 ロイター] - マレーシアのナジブ首相は24日、マレーシア航空機撃墜事件の犠牲者の遺体が帰国するまでに「数週間か数カ月」かかる可能性があるとの見方を示した。

マレーシアは当初、断食明けの祭りが行われる7月28日までに、遺体の帰国が実現できるよう模索していた。

首相は記者団に対し、「とても心が痛む手続きを避けて通ることはできない。技術的、法的に必要なプロセスだ」と説明し、遺体の帰国が7月28日に間に合う可能性は極めて低いとの見方を示した。

【関連記事】

関連記事

Photo gallery マレーシア航空機墜落事故の犠牲者たち See Gallery