NEWS
2014年12月18日 02時01分 JST

レッチリ、メタリカ...拷問のBGMとして曲を使われたバンドたち アメリカ政府に使用料を請求したバンドも

Portrait of the Red Hot Chilli Peppers photographed in the early 1990's.;  (Photo by JA Barratt/Photoshot/Getty Images)
Photoshot via Getty Images
Portrait of the Red Hot Chilli Peppers photographed in the early 1990's.; (Photo by JA Barratt/Photoshot/Getty Images)

アメリカ軍のグアンタナモ基地にあるグアンタナモ湾収容キャンプにおいて、収容された者たちの拷問にロックバンドの曲が使用されている。

これまでに、「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」や「メタリカ」、「ドラウニング・プール」などのバンドの音楽も使われていたことがわかっている(リンク先によれば、「セサミストリート」の音楽をヘッドフォンで繰り返し聞かせるという拷問も行われていたという)。

「拷問に使われた音楽」の動画は次の通り。

Photo gallery Torture Songs at Guantanamo See Gallery

同じく拷問のBGMとして使用されたカナダ出身のインダストリアル・バンド「スキニー・パピー」は、アメリカ政府に66万6000ドルの使用料を請求した。

スキニー・パピーは、アメリカ国防総省が自分たちの楽曲を違法に使用したと主張している。

創設メンバーの一人で、作曲やシンセ、ドラムなどを担当するケヴィン・キー氏は、「CTV News」の取材に対して、グアンタナモ海軍基地で守衛として働いていたという1人のファンから、楽曲が拷問に使われていることを知らされたと話す。

「そのファンが私たちのところにやって来たのは、私たちの音楽が使われていたことにショックを受けたからだと思う。彼はグアンタナモ湾収容キャンプの守衛だったが、たまたま私たちの音楽のファンだったのだ」と、キー氏は述べている。

スキニー・パピーが請求した金額は666,000ドル。悪魔の数字とされる「666」をロックバンドが使うことは、以前からよく行われているので、彼らがどこまで本気でこの金額を請求したのかは不明だ。

文末のスライドショーでは、グアンタナモ湾収容キャンプ内部の様子も紹介している。

Photo gallery Inside Guantanamo See Gallery

この記事はハフポストUK版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:佐藤卓/ガリレオ]

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Photo gallery Inside Guantanamo See Gallery