NEWS
2014年12月24日 16時15分 JST | 更新 2014年12月24日 16時15分 JST

クリスマス、ロンドンの今と昔が一枚の写真に融け合う(画像)

今年もロンドンに、美しいクリスマスの季節がやってきた。

Getty

今年もロンドンに、美しいクリスマスの季節がやってきた。

Getty Imagesが制作した画像には、最近のロンドン市街の写真の上に、数十年前に白黒写真で撮影されたクリスマスの街並みが重ねられている。通りに吊るされたクリスマス用の七面鳥や、ドイツ空軍による爆撃からクリスマスの装飾を守る土嚢など、その時代を写し出す景色が現代の景色と融け合っている。

融け合わさった景色の対比が、ロンドンの街並みやイギリスにおけるクリスマスの祝い方が、今と昔でどのように変化してきたかをよく表している。

では、企業のクリスマス商法のせいでホリデーシーズンが「年々早く」始まるようになったと思っている人のために、まず初めに、1926年の11月2日にデパートに現れたサンタクロースから見ていくことにする。

この記事はハフポストUK版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています