NEWS
2015年02月11日 02時40分 JST | 更新 2015年02月11日 02時54分 JST

「上野の森親子フェスタ」が中止 テロを警戒【イスラム国】

毎年5月、連休中に東京・上野で開催されているイベント「上野の森親子フェスタ」が中止されることになった。過激派組織「イスラム国」によって日本人が殺害されるなど、不穏な国際情勢から、テロを警戒したという。

Image by Catherine MacBride via Getty Images

毎年5月、連休中に東京・上野で開催されている絵本や児童書のイベント「上野の森親子フェスタ」が中止されることになった。主催者の一般財団法人出版文化産業振興財団(東京都千代田区、JPIC)は過激派組織「イスラム国」によって日本人の人質が殺害されるなど不穏な国際情勢から、「万が一、テロ行為があった場合、参加者や出展者の方々にご迷惑がかかる」との理由で中止に踏み切ったという。ハフポスト日本版の取材にこたえた。

「親子フェスタ」は2000年からスタート、昨年で15回を迎えるイベントで、昨年は上野恩賜公園や東京国立博物館などを舞台に開催。約70社の出版社が参加して、絵本や児童書など約4万冊の書籍を読者謝恩価格で販売する「チャリティ・ブック・フェスティバル」や、作家の講演会、絵本や紙芝居の読み聞かせなどを実施、親子連れに人気となっている。

JPICによると「親子フェスタ」の来場者数はカウントしていないが、毎年5月の連休中に10万人の来場者がある上野動物園の近隣で開催されているため、同程度の人数が来場するとみている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています