NEWS
2015年03月23日 22時19分 JST

日本・インドネシア首脳、1400億円の円借款を決定 何に使うの?

安倍晋三首相とインドネシアのジョコ大統領は23日、都内で首脳会談を開いた。

Reuters

安倍晋三首相とインドネシアのジョコ大統領は23日、都内で首脳会談を開いた。海洋安全保障で協力を進めていくとともに、日本がインドネシアに対し、約1400億円の円借款を行うことを決めた。

ジョコ大統領は昨年10月に就任。国際会議への出席を除くと、東南アジア諸国連合(ASEAN)域外への訪問は日本が初めてとなった。安倍首相は共同会見で、「ともにアジアを代表する海洋国家、民主国家として、戦略的パートナーシップを一層強化することを確認した」と語った。

会談で両首脳は、海洋分野の協力について話し合う協議会を設置することで合意した。詳細は未定だが、海洋安全保障や海洋関連産業の振興などを議題にした高官級の会合になるという。また、首都ジャカルタの高速鉄道など3路線の整備に、日本が約1400億円の円借款を実施することも決まった。

ジョコ大統領は安倍首相に対し、経済分野で連携を強めることに期待を示し、発電、港湾整備、道路の整備、経済特区の工業団地などへの投資を呼びかけた。

このほか両政府は、防衛協力を強化する覚書に署名。外務・防衛閣僚会合(2プラス2)を早期に開くことも確認した。

(久保信博)

[東京 23日 ロイター]