NEWS
2015年04月02日 16時12分 JST

アヴリル・ラヴィーンが苦しんだ「ライム病」とは 5カ月寝たきり、雑誌で告白

Avril Lavigne performs in concert during the Mix 106.5 Mistletoe Meltdown at SECU Arena Towson University on Friday, Dec. 13, 2013, in Towson, Md. (Photo by Owen Sweeney/Invision/AP)
Owen Sweeney/Invision/AP
Avril Lavigne performs in concert during the Mix 106.5 Mistletoe Meltdown at SECU Arena Towson University on Friday, Dec. 13, 2013, in Towson, Md. (Photo by Owen Sweeney/Invision/AP)

カナダのロック歌手、アヴリル・ラヴィーンさん(30)が、主にダニを媒介して感染するライム病のため5カ月間寝たきりで「死ぬって思った」状態だったと、アメリカの雑誌「ピープル」のインタビューで告白した。

ラヴィーンさんは、長期にわたって公の場に姿を見せていなかったため、ファンから心配する声があがっていた。日刊スポーツなどが4月2日、これを報じた。

アブリルはゴシップ誌「ピープル」に昨年10月にラスベガスで30歳の誕生日を友人たちと祝っていた時のことについて、「私はほとんど食べられなくて、プールに行った時に、その場から離れて、ベッドに横にならなくてはいけなかったの」「私の友達は『どうしたの?』って聞いたけれど、私は分からなかったわ」と語った。そして、その後重度のライム病と診断されたという。ライム病とはダニに刺されることで感染する感染症で、初期症状はかぜと似ているそうだ。

アブリルは診断される数か月前からずっと体調不良だったそうで、昨年春頃に刺されたと考えている。

アブリル・ラビーン、ライム病で体調不良だった - ハリウッド : 日刊スポーツ 2015/04/02 10:12)

ラヴィーンさんは現在、「80%」回復したという

「ライム病」について、コトバンクは次のように説明している。

ボレリア・ブルグドルフェリイというスピロヘータが起す感染症で,アメリカのコネチカット州ライムで最初に流行したため,この名がついた。野山に生息するマダニ類が媒介する。感染したマダニに咬まれると,数日後に咬まれたところに環状の紅班ができ,次第に大きくなる。

ライム病とは - コトバンク

Photo galleryアヴリル・ラヴィーンの画像集 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Photo galleryCelebrities With Lyme Disease See Gallery