はじめてのSDGS
2015年04月09日 15時44分 JST | 更新 2015年04月09日 15時44分 JST

アメリカ西部を襲う干ばつ、干上がる湖の底(画像)

アメリカ西部を流れるコロラド川の流域は15年近くにわたって干ばつに悩まされており、現在水が急速になくなりつつある。水位が低くなったパウエル湖の様子を、写真家のジャスティン・サリバン氏が撮影した。

Justin Sullivan / Getty Images

アメリカの西部が干上がりつつある。

ロッキー山脈からアリゾナ州の南部へと流れるコロラド川は、カリフォルニア州や南西部に暮らす4000万人以上の人々の水源だ。しかしこの川の流域は15年近くにわたって干ばつに悩まされており、現在コロラド川の水が急速になくなりつつある。

コロラド川をせき止めたフーバー・ダムによって作られたミード湖は、アメリカ最大の貯水量を誇る貯水池だが、昨年このミード湖の水位が、1930年代の貯水を開始して以来最も低くなった。また、ミード湖に次ぐ第二位の貯水池のパウエル湖は貯水率が45%を下回り、平屋くらいの高さのところに水位が著しく低くなった時に現れる「バスタブの輪」が出現している。

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は、4月1日に州全域で25%の節水を義務づけると発表。カリフォルニア州の水源であるシエラネバダ山脈で記者会見を行ったブラウン知事は、「ここには、本来なら1メートル50センチの雪がつもっているはずですが、今広がっているのは乾いた草地です」と述べた。

カリフォルニア州が節水を義務化したのは史上初めてのことだ。高原地帯に積もった雪が貯水池を満たしてくれると期待されていたが、現在積雪量はほとんどない

水位が低下したパウエル湖を、ゲッティイメージズの写真家、ジャスティン・サリバン氏が撮影した。かつては豊かな水に沈んでいた一帯が干上がり、使い道のないボート用の桟橋が乾いた土地にたたずんでいる。美しいが、気持ちを暗くさせる写真だ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:梅田智世/ガリレオ]

Photo gallery カリフォルニア州の干ばつ See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています