NEWS
2015年06月18日 16時44分 JST | 更新 2015年06月19日 14時19分 JST

「マリアナ沖海戦」 大鳳、翔鶴、飛鷹が撃沈した壊滅的な敗北から71年(画像集)

6月19日、太平洋戦争中に日本が壊滅的な敗北を喫した「マリアナ沖海戦」から70年目を迎える。

Wikimedia

6月19日、太平洋戦争中に日本が壊滅的な敗北を喫した「マリアナ沖海戦」から71年目を迎える。1944年6月19日と20日、マリアナ諸島に侵攻するアメリカ軍を日本軍が迎撃。日米海軍の空母部隊が激突した。

日本軍は遠距離からの航空戦「アウトレンジ戦法」を採用したが、高性能レーダーを持つアメリカ軍の相手ではなかった。「マリアナの七面鳥狩り」と、パイロットのウィリアム・B・ラム大尉に揶揄されるほどの一方的な敗北となった。大鳳、翔鶴、飛鷹が撃沈されたことで、日本は空母部隊の能力を事実上失った。マリアナ諸島の大半はアメリカ軍が占領することになり、日本の敗色は濃厚になっていく。

激戦の模様をスライドショーにまとめた。

Photo gallery マリアナ沖海戦 See Gallery

【訂正】マリアナ沖海戦から70年となっていましたが、正確には71年です。謹んで訂正します。(2015/06/18 17:35)

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています