NEWS
2015年08月26日 20時05分 JST | 更新 2015年08月27日 20時06分 JST

ホーキング博士「ブラックホールは永遠の牢獄ではない」新説を披露

British scientist Stephen Hawking attends a press conference in London on July 20, 2015, where he and Russian entrepreneur and co-founder of the Breakthrough Prize, Yuri Milner, annouced the launch of Breakthrough Initiative, a new project to attempt to detect life in the Cosmos.  AFP PHOTO / NIKLAS HALLE'N        (Photo credit should read NIKLAS HALLE'N/AFP/Getty Images)
NIKLAS HALLE'N via Getty Images
British scientist Stephen Hawking attends a press conference in London on July 20, 2015, where he and Russian entrepreneur and co-founder of the Breakthrough Prize, Yuri Milner, annouced the launch of Breakthrough Initiative, a new project to attempt to detect life in the Cosmos. AFP PHOTO / NIKLAS HALLE'N (Photo credit should read NIKLAS HALLE'N/AFP/Getty Images)

どうやってブラックホールから脱出するのか? スティーヴン・ホーキング博士にはいい考えがあるようだ。

ホーキング博士は8月25日、ストックホルムのスウェーデン王立工科大学(KTH)で、科学者や記者一同を前に、最新の仮説として量子力学的な情報がどのようにしたらブラックホール内での消滅から逃れられるのかについて説明した。

「その情報は、一般的に考えられているようにブラックホールの内側に保管されるのではなくその境界、事象の地平線上に格納されているのです」と、ホーキング博士は会見の中で述べた

事象の地平線はブラックホールの周りにある球面だ。 つまり、言い換るとブラックホールに吸い込まれている物は何であれ実際に内側まで到達することがないので脱出することができると雑誌「Wired」は伝えている。

photo

はくちょう座 X-1と呼ばれるブラックホールのイラスト。ブラックホールは大きな星が内側に押しつぶされる過程で形成され、周辺の青い星から物質を引き込む。

ブラックホールは宇宙空間に存在する巨大な物体で、その重力があまりにも強力なため、光でさえ逃れられない。そのためこの存在は長年科学者たちを悩ませてきた

一般相対論に基づき、ブラックホールによって飲み込まれた物理情報が永遠に失われる仮説がある。一方で、量子力学の法則的には情報が消滅することはあり得ず、回収可能だという仮説もある。この難問は「ブラックホールの情報パラドックス」と呼ばれる。

雑誌「ニュー・サイエンティスト」によると、ホーキング博士の仮説では、ブラックホールの事象の地平線を通過する情報は一種のホログラムに変換されてブラック・ホールの境界上に留まると考えている。

そこからは何が起こるのか。ホーキング博士がケンブリッジ大学の物理学者マルコム ・ ペリー博士、ハーバード大学の物理学者アンドリュー ・ ストロミンジャー博士と行った研究では、ブラックホール内で消失したように見えた情報はパラレルワールドで回収できる可能性があると提案された。そう、別の宇宙だ。

「穴は巨大である必要があるだろうし、それが回転していた場合には、別の宇宙への通路があるかもしれません。しかし、あなたは我々の宇宙に戻って来ることはできないでしょう」とホーキング博士は説明した。「今回伝えたいのは、ブラックホールは思ったほど真っ黒ではないということです。ブラックホールは、かつて考えられていたような永遠の牢獄ではありません。物質はブラックホールの外側、そしておそらく別の宇宙の両方へと抜け出すことができるのです」

ワシントン・ポストによると、ホーキング博士の発表に参加したノーベル賞受賞物理学者ヘーラルト・トホーフト博士もブラックホールと情報の消失について同様の説を考えていたという。ブラックホールは今も科学者たちを困惑させる存在だが、物理学者たちはこのとらえどころのない物体について、より深い理解を得るために力を合わせて取り組んでいる。

Photo galleryStephen Hawking's Life In Science See Gallery

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png