NEWS
2015年09月12日 01時30分 JST | 更新 2015年09月12日 01時30分 JST

伊調馨が世界レスリング10度目の優勝 吉田沙保里、登坂絵莉も金【画像】

レスリングの世界選手権第4日は10日、女子58キロ級で伊調馨が優勝。この大会での日本女子の金メダルは、登坂絵莉、吉田沙保里に次いで3人目。この3人を画像で紹介する。

ASSOCIATED PRESS
Kaori Icho, of Japan, celebrates after defeating Petra Maarit Olli, of Finland, during a women’s freestyle gold-medal match at the wrestling world championships Thursday, Sept. 10, 2015, in Las Vegas. (AP Photo/John Locher)

アメリカ・ラスベガスで行われているレスリングの世界選手権第4日は9月10日(日本時間11日)、女子58キロ級で伊調馨(31)=ALSOK=が優勝を果たした。優勝は、階級を変更する前の63キロ級から通算して10度目。時事ドットコムなどが伝えた。

伊調は全5試合で1点も奪われず、圧倒的な内容だった。それでも試合後、「優勝はうれしいが、反省点が多い。(自己採点の)点数は25点。タックルも無意識のものが多く、どうやって入ったのか分からない。悔しい」と話した

この大会での日本女子の金メダルは、登坂絵莉(22)=至学館大=、吉田沙保里(32)=ALSOK=に次いで3人目。この3人を画像で紹介する。

Photo gallery 世界レスリングの女子選手たち See Gallery