NEWS
2015年09月27日 20時14分 JST | 更新 2015年09月27日 22時59分 JST

カタルーニャ州議会選挙、分離独立派が勝利宣言 「民主主義の勝利だ」【UPDATE】

スペイン北東部のカタルーニャ州議会選挙は9月27日(現地時間)、投開票され、スペインからの分離独立を主張する政党が、135議席の過半数を占めた。

ASSOCIATED PRESS

【UPDATE】2015/09/28 10:59

スペイン北東部のカタルーニャ州議会選挙は9月27日(現地時間)、投開票され、スペインからの分離独立を主張する政党が、135議席の過半数を占めた。

ロイターは、公式の暫定開票結果を伝えている。

97%の票を集計した暫定結果によると、独立賛成派の選挙連合「Junts pel Si(共にイエス)」が62議席を、別の独立賛成派の左派CUPが10議席をそれぞれ獲得する見通し。同選挙連合とCUPの得票率は合わせて47.8%となり、分離独立運動にとって追い風となる。

スペイン・カタルーニャ州議会選、独立派が過半数獲得=暫定結果より 2015/09/28 08:15)

NHKによると、カタルーニャ州政府のアルトゥール・マス首相は、バルセロナ中心部で演説し「独立を支持するわれわれと民主主義の勝利だ」と、独立派の勝利を宣言した。

フランスとの国境地帯にあるカタルーニャ州は歴史的にフランスとの結びつきが強く、カタルーニャ語が使われており独立志向が強い。マス首相は、州議会で独立派が過半数を占めて1年半以内に独立を宣言すると公約していたが、スペインは独立を認めない構えで、今後は激しい駆け引きが繰り広げられるとみられる。

Photo gallery 「カタルーニャの日」スペインからの独立を支持するデモ See Gallery