NEWS
2015年11月27日 00時56分 JST

ロシア、トルコに経済制裁へ 軍用機撃墜で報復

トルコは領空侵犯に対する正当な対応との立場を崩しておらず、両国間で非難の応酬が続いている。

Reuters

[イスタンブール/モスクワ 26日 ロイター] - トルコによるロシア軍機撃墜を受けて、ロシアは報復措置としてトルコへの経済制裁措置の策定に着手した。事件に関するトルコ側からの妥当な説明を待っているとしているが、トルコは領空侵犯に対する正当な対応との立場を崩しておらず、両国間で非難の応酬が続いている。

ロシアのメドベージェフ首相は、トルコとの共同投資プロジェクトの凍結やトルコ産農産物・食料の輸入制限などを含む対抗措置の策定を政府に命じた。

ウリュカエフ経済発展相は、トルコ━ロシア間の航空便の運航制限や共同の自由貿易区開設に向けた準備停止に加え、ロシア産天然ガスをトルコ経由で欧州に供給するパイプライン「トルコストリーム」やロシアがトルコで建設中の原発などの大型プロジェクトについても制限を加える可能性を示唆した。

ロシア農業省はトルコ産農作物の約15%がロシアの基準を満たしていないとして、食品安全規制当局に対し検査を強化するよう指示した。トルコは主に野菜、果物、肉類をロシアへ輸出している。

またロシア産小麦については、最大の輸入国であるトルコへの新たな取引を中止した。

観光面でも、ロシアの旅行代理店少なくとも大手2社がトルコのツアーパッケージ販売を中止するなどの動きが出ている。トルコを訪問する観光客の中でロシア人はドイツ人に次いで多く、年間40億ドルの収入をもたらすとされる。

これについてトルコのエルドアン大統領は「感情的」かつ「不適切な」対応として批判。トルコは過激派組織「イスラム国」から石油の供給を受けているとロシアのプーチン大統領が指摘したことに対しては、シリアのアサド大統領、およびその後ろ盾であるロシアなどがイスラム国を資金、軍事面で支えていると反論した。

またCNNに対しては、事件について謝罪するのは「トルコではなくロシアの方だ」と述べた。

ロシアが対抗措置として経済制裁に傾く背景には、軍事行動を強化して事態をエスカレートすれば、シリア問題への国際的な協調対応でロシアが主導権を握るとの目的が台無しになるとの計算が働いていることがあるようだ。

トルコ株式市場は、ロシアとの緊張の高まりを嫌気し2.4%値下がりしている。

[アンカラ 27日 ロイター] - トルコのダウトオール首相は英紙タイムズに寄稿し、ロシア軍機撃墜をめぐり、緊張緩和に向けてロシアや同盟国と協力するとの意向を示した。

また、既に必要な協議が進められているとも明らかにした。