NEWS
2016年04月01日 15時02分 JST | 更新 2016年04月01日 17時59分 JST

【女子中学生誘拐】容疑者「中学生のころから誘拐願望」 誘拐した朝霞については...

埼玉県朝霞市で行方不明になった少女(15)が2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐容疑で県警に逮捕された寺内樺風(かぶ)容疑者(23)が「女の子を誘拐しようと学校を見て回り、1人で歩いていた女子生徒の後をつけた」と供述していることが県警への取材でわかったと、毎日新聞などが4月1日伝えた。「中学生のころから女の子を誘拐したいという願望があった」と動機を説明しているという。

捜査関係者によると、寺内容疑者は「インターネットで(誘拐を実行する)場所を探した。土地勘はなかったが、田舎すぎず、都会すぎず、良い場所だと思った」と、朝霞市で連れ去りを実行したいきさつを供述している。女子生徒を狙ったきっかけについては、「実際に朝霞市に行き、学校を見て回っていたところ、1人で歩いている女子生徒を見つけて後をつけた」と説明しているという。

さらに、後をつけたのちの行動について、「女子生徒のことを調べて誘拐した」と供述している。県警の聞き取りに対する女子生徒の話によると、寺内容疑者は連れ去りの際、フルネームで女子生徒に声をかけていたとされる。このため県警は、後をつけたのちに何らかの手段で名前を知り、事前に計画を立てたうえで連れ去りに及んだとみている。
 
中学生誘拐:容疑者「中学生時代から女の子誘拐願望」 - 毎日新聞より 2016/04/01 11:56)

kabu terauchi

寺内樺風容疑者=2016年3月31日

寺内容疑者は、2014年3月10日に朝霞市内から少女を連れ去り、千葉県や東京都内の自宅に連れ回した容疑で3月31日に逮捕された。容疑を認めたうえで「女子生徒とは何の面識もなかった」と供述している。一方、少女も「知らない男」と説明していた。捜査関係者は、寺内容疑者が少女に目をつけた後、尾行して自宅住所やフルネームを把握し、事前に準備したうえで後日、連れ去りを実行したとみている