本当に太りすぎ? BMIは、適正体重を測るベストな方法ではありません

健康かどうかを知りたければ、BMIの代りにこの方法を使いましょう。
Full length of teenage girl with casual clothes measure her weight with weight scales
Full length of teenage girl with casual clothes measure her weight with weight scales

体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割ったBMI(肥満度指数)は、適正体重を知るための最も信頼できる基準だと考えられてきた。BMIが18.5未満だと「痩せている」、18.5以上25未満だと「普通」、25以上は「肥満」とされる。

しかし、BMIにはいくつかの問題があり、必ずしも適正体重を知るための一番いい基準ではなさそうだ。

アメリカの情報番組「The Today Show」によると、BMIでは、脂肪と筋肉の区別が出来ない。たとえば、身長182センチで、体重104キロのプロフットボール選手は、BMIの基準では「肥満」に分類される。しかし、フットボール選手の場合、体重の大半は脂肪ではなく筋肉だ。それにも関わらず、BMIを基準にすると、筋肉が脂肪だとみなされ、「不健康」と診断されてしまう。

もう一つ、健康かどうかを知る上で重要なポイントである「脂肪が体のどこに付いているか」も、BMIではわからない。脂肪は、腕や脚の周りについている場合より、胴周りについている方が危険だ。胴周りに脂肪がついていると、心臓疾患、糖尿病、高血圧といった生活習慣病を発症するリスクが高くなるからだ。

BMIが同じ人でも、体型・体脂肪率が全く違うということは十分あり得る。つまり、BMIだけでは、病気にかかるリスクは判断しにくいのだ。

健康かどうかを判断するためにBMIよりオススメなのは、胴回りを測ることだという。この方法だと、生活習慣病の発生と関連の高い、ウェスト周辺の体脂肪量がわかる。

日本では、ウエスト周りが男性85センチ、女性90センチだとメタボリックシンドロームになりやすいとされている。

健康かどうかを知りたければ、体重計をメジャーに代えよう。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼画像集が開きます▼

健康にいい食べ物 50選