NEWS
2016年11月28日 01時09分 JST

ASKA、新作を12月末にYouTubeで発表 「アルバムが到達点直前にいることの喜び」

2014年9月に覚せい剤取締法違反罪などで有罪判決を受けた歌手、ASKAが27日にブログを更新し、新アルバムが完成間近であることを公表した。

2014年9月に覚せい剤取締法違反罪などで懲役3年(執行猶予4年)の有罪判決を受けた歌手、ASKAが11月27日にブログを更新し、新アルバムが完成間近であることを公表した。収録曲の一部をYouTubeで12月末ごろ公開するという。

ASKAは「今、13曲をとおして聴きました」との題で、現在は歌詞カードを制作しており、その後CDプレスに入ると記した。通常ではここからレコード会社や所属事務所をプロモーションをするが、それができない状況のため、数曲をYouTubeで発表すると予告した。

ブログの骨子は次の通り。

これで良しっ!な、気持ちになっています。

今は、1曲ごとの感想はありません。アルバムが到達点直前にいることの喜びを感じています。

ジャケットも、写真もできています。(中略)

プロモーションを行えない現況、みなさんには、来月の終わり頃、Youtubeにおいて、数曲発表させてください。

ありがとう。

 

aska_burnishstone’s diaryより 2016/11/27)

ASKAはこれまで、ブログで音楽活動再開への意欲を見せる書き込みをし、楽曲制作の様子を綴ってきた。

▼画像集が開きます▼

【※】スライドショーが表示されない場合は、こちらへ。

ハフィントンポストでは、12月18日に働きかたに関するイベントを開催します。お申し込みは以下よりお願いします。