ライフスタイル
2017年12月28日 10時52分 JST | 更新 2017年12月29日 10時50分 JST

6年生の時からの親友が、実はずっと探していたきょうだいだった

出会ってから60年「最高のクリスマスプレゼントです…!」

ハワイに住むアラン・ロビンソンさんとウォルター・マクファーレンさんにとって、2017年のクリスマスのプレゼントは、一生忘れられないものになった。なんとお互いが、ずっと探していた家族だったのだ。

ロビンソンさんとマクファーレンさんの誕生日は15カ月違い。6年生の時に出会い、高校では同じフットボールチームでプレーした。60年に渡る親友だった。

ロビンソンさんは幼い時に養子となったため、血のつながる家族について知らなかった。

一方のマクファーレンさんは、実の父親が誰かを知らなかった。

KHON2 NEWS / YOUTUBE
アラン・ロビンソンさん(左)とウォルター・マクファーレンさん

マクファーレンさんは、数年前から父親をインターネットで探してきたが、手がかりは見つからなかった。その後、マクファーレンさんの子どもたちが「Ancetry.com」などのDNAマッチングサイトを使って、父親の家族を探しを手伝った。

DNAマッチングサイトで、マクファーレンさんのDNAに一番近い人物として名前が挙がったのが、ユーザーネーム「Robi737」さんだった。Robi737さんのX染色体が、マクファーレンさんのX染色体と一致したのだ。そのRobi737さんこそ、ロビンソンさんだった。

調べた結果、ロビンソンさんとマクファーレンさんの母親が同じ女性であることがわかった。ずっと探していた人は、実はすぐ近くにいたのだ。

KHON2 NEWS / YOUTUBE
子どもの時の写真。左がマクファーレンさん、右がロビンソンさん

12月23日、ロビンソンさんとマクファーレンさんは家族や友人と共にこの喜ばしい発見を盛大に祝った。

ロビンソンさんはハワイの地元テレビ「KHON2」に、想像もしていなかった事実に圧倒されている、と語った。

「(事実がわかった時)言葉にできないくらい圧倒されました。今でもまだ信じられない気持ちです」

「最高のクリスマスプレゼントです。まさかこんな素晴らしいプレゼントが贈られるなんて想像もしなかった」

KHON2 NEWS / YOUTUBE
家族や友人と一緒に祝った

二人は今後、もっとお互いのことをよく知り、一緒に旅をしたりして一緒に時間を過ごしたいと考えている。

<KHON2のニュース動画(英語)>

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭にを浮かぶのはどんな景色ですか?

お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント? 同性のパートナー? それとも、ペット?

人生の数だけ家族のかたちがあります。ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。

あなたの「家族のかたち」を、ストーリーや写真で伝えてください。 #家族のかたち #家族のこと教えて も用意しました。family@huffingtonpost.jp もお待ちしています。こちらから投稿を募集しています。

ハフポストの記事をもっと読む

HUFFPOST JAPAN

2017年、様々な広告が炎上した。嫌われない広告の法則って?[sponsored]

BMWジャパン社長とハフポスト編集長がドライブ。車内で何を語ったか[sponsored]