NEWS
2018年01月23日 12時12分 JST | 更新 2018年01月24日 10時44分 JST

草津白根山が噴火 陸自隊員1人死亡、噴石に巻き込まれる【UPDATE】

草津白根山は「噴火警戒レベル3」で入山規制に。

ライブカメラには、突如として黒煙が上がる様子が記録されていた。
「LIVECAMERA 」草津白根山ゴンドラ雲上カメラより
ライブカメラには、突如として黒煙が上がる様子が記録されていた。

群馬県の草津国際スキー場で1月23日午前10時頃、雪崩が発生し、複数人が巻き込まれたと吾妻消防本部に119番通報が入った。毎日新聞などが報じた。

NHKニュースが防衛省の情報として伝えたところによると、付近で訓練中の陸上自衛隊員6人が、雪崩に巻き込まれた。雪崩で1人が行方不明になっており、捜索が行われている。このほか、あわせて14人がケガをしているという。

気象庁によると、この日の午前9時59分ごろ、長野県と群馬県の県境にある草津白根山が噴火したもようだ。雪崩との関係は不明。

草津白根山付近のスキー場のレストハウスにいた複数人が、噴石にあたってけがをしているという。気象庁は午前11時50分、草津白根山に入山規制を示す「噴火警戒レベル3」の火口周辺警報を発表した

草津国際スキー場の公式Twitterはこの日の午前7時41分、前日からの降雪で、「ゲレンデコンディションは今季最高」の状態だとツイートしていた。

【UPDATE】(2018/01/23 22:27)

共同通信によると、政府や群馬県災害対策本部は「麓にある草津国際スキー場で、噴石などによって1人が死亡、11人が重軽傷を負った」と発表した。

死傷者については、陸上自衛隊が、スキー場で訓練中だった男性陸曹長(49)が死亡したと明らかにした。別の隊員7人も負傷し、うち2人は重体で緊急手術を受けた。当初は雪崩に巻き込まれたとしていたが、噴石による被害だったとみている。

噴石で訓練中の陸自隊員1人死亡 草津白根山の噴火、11人けが - 共同通信より 2018/1/23 19:58)