NEWS
2018年01月24日 19時26分 JST | 更新 2018年01月24日 21時53分 JST

東京23区に33年ぶりの低温注意報。水道管の凍結を防ぐ方法はコレだ

過去最強クラスの寒気が流れ込みます。

雪が積もった自転車。東京23区には約4年ぶりとなる大雪警報が発令された=22日、東京都新宿区 撮影日:2018年01月22日
時事通信社
雪が積もった自転車。東京23区には約4年ぶりとなる大雪警報が発令された=22日、東京都新宿区 撮影日:2018年01月22日

気象庁は1月24日午後2時52分、東京地方の全域に「低温注意報」を発表しました。東京23区で冬期に低温注意報が発表されたのは、1985年1月末以来、33年ぶりとのこと

気象庁の予報によると25日、東京地方の最低気温はマイナス4度。日本列島には24日夜から過去最強クラスの寒気が流れ込み、厳しい寒さが続きそうです。

日本気象協会によると「冷蔵庫の中の温度は3度くらい、チルド室は0度くらい」とのこと。うぅ...とっても寒そう...。

これだけ寒いと心配なのが、水道管の凍結・破裂です。

特に、屋外にある水道管は、管の中の水が凍結して断水したり、管が破損することがあります。

冬季の水道管の防寒対策について、東京都水道局が公式サイトで呼びかけています。以下に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

東京都水道局

ポイントは3つ。

  1. 水道管が直接外気に触れないよう、布や保温材を巻きつける。

  2. 【1】を、ヒモでしばって固定する。

  3. 保温材が濡れないよう、ビニールやビニールテープ等で下からすきまなく包むように、重ねて巻く。

【※】保温材は、布・毛布や発泡スチロール等でも代用できます。

万が一、水道管が凍ってしまった場合は、「自然に溶けるのを待つ」。もしくは「凍った部分にタオルを被せ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください」とのこと。いきなり熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがあるので要注意です。