WORLD
2018年02月19日 17時25分 JST | 更新 2018年02月19日 17時51分 JST

「李相花は試合の日、3時間も早く起こされた」評論家発言が物議 李選手は「もう起きてた」と反論

李選手「私もとても困惑しています」

AFP/Getty Images
李相花選手

韓国のスポーツ評論家が、「平昌五輪のスピードスケート女子500mで銀メダルを獲得した李相花が、2月18日の試合当日、想定より3時間も早い時間に起床させられていた」「韓国スケート連盟の役員が訪問したためだ」とテレビで主張し、物議を醸している。李相花自身は記者会見で、「訪問時にはすでに起きていて、影響はなかった」と反論している。

スポーツ評論家のイ・ジョンフン氏は2月19日、テレビ局YTNのニュース番組で、選手たちは夜8時からの競技にあわせて、深夜2時〜3時ごろ就寝、昼ごろ起きるのが普通だと主張。ところが、「試合当日、朝9時に韓国スケート連盟の上級役員が選手団を訪問」したため、李相花ら選手たちは早く起こされてリズムを崩したと指摘した。

イ・ジョンフン氏によると、激励に訪れた連盟役員は「もう日が高いのに、まだ寝ていてどうするんだ」と言ったという。番組キャスターから、李相花は普段より3時間早く起きたのかと問われ、イ・ジョンフン氏は「はい」と断言。「とても衝撃的です」とつけ加えた。

スピードスケート競技場のある江陵にいる関係者は2月19日、ハフポストコリアの電話取材に「そうしたことがあったのは間違いない」と話した。

李相花選手は否定

一方、李相花は2月19日に記者会見し、「(役員が来た時)すでに起きていたので、コンディションにはまったく影響しなかった」と話した。

李相花は呆れたような笑み、戸惑うような表情をうかべながら、次のように語った。

「すでに私は起きていました。えーっと...(無言)そんなことのせいでコンディションを台無しにされたというのは、今初めて聞いたもので、私もとても困惑していますが、むしろ...はい、私の緊張感をさらになくそうと訪問なさったようです。ですが、訪問は早い時間ではなく、私がもう起きる時間でしたので、これについて長く説明しなくても良いのではないかと思います」

韓国のTwitterでは、このニュース関連の単語がトレンドに上がっている。

小平奈緒と李相花