WORLD
2018年02月20日 10時24分 JST | 更新 2018年02月20日 10時31分 JST

おならを連発した乗客、注意され殴り合いの喧嘩に⇒フライトが緊急着陸

乗客4人が降ろされました。

トランザビア航空
NurPhoto via Getty Images
トランザビア航空

世界の航空会社が、飛行機のトラブルに頭を悩ませている。機体のトラブルや客の迷惑行為などが原因で、フライトが緊急着陸や空港に引き返すケースが後を立たないが、今回の原因はまさかの乗客の"おなら"だった。

デイリーメールによると、問題が起きたのは、オランダの格安航空(LCC)のトランザビア航空。ドバイ発アムステルダム行きのフライトで2月、ある乗客の男性が大きな音を立てておならを連発した。

隣に座っていた2人組の乗客が注意したが、彼は続けた。乗務員やパイロットからもやめるよう言われても聞く耳を持たず、とうとう殴り合いのけんかに発展。

収集がつかなくなり、機長の判断でウィーンに緊急着陸する羽目になったのだ。

空港に着くと、空港警察が警察犬を伴って機体に乗り込み、けんかに関わった乗客4人が機体から降ろされた。メトロがその様子を動画で伝えている。

そのうち2人は女性客で、地元メディアに対して次のような不満を語った。「私たちはばかげたことに巻き込まれた。(もめごとを起こした男性が)誰だか分からない。同じ列に座ったことがついていなかった。私たちは何もしていない」

メトロによると、トランザビア航空は騒動を受けて、「私たちの乗務員は安全なフライトを保障しなければなりません。乗客のみなさまが危険にさらされた場合、ただちに仲裁に入るように訓練を受けています。彼らはその境界線がどこかを理解しています」とする声明を出した。