WORLD
2018年03月04日 11時44分 JST | 更新 2018年03月04日 11時45分 JST

ザギトワが「マサル」と命名、日本から贈られる秋田犬。メスだけど…

「勝利という意味ですよね」。 親におねだりしていました。

ザギトワ選手
Eric Gaillard / Reuters
ザギトワ選手

平昌オリンピック女子フィギュアスケートで、金メダルに輝いたロシアのザギトワ選手(15)。日本から贈呈される秋田犬の名前を「マサル」にすることを明らかにした。

FNNニュースが報じた。

ザギトワ選手は3月3日、モスクワで銀メダリストのメドベージェワ選手ら、オリンピック選手と一緒にアイスショーに参加。その後の記者会見で、金メダルの「ご褒美」として親に飼うことをおねだりしていた秋田犬が、日本から贈られることが決まったと明かした。

集まった報道陣に対して、「『マサル』という名前にします。女の子です。日本語で、勝利という意味ですよね」と答えた。

この秋田犬は、日本の団体が贈呈を申し入れたもので、現在ロシアに持ち込むための手続きが進められている。

ザキトワ選手は、平昌オリンピック後にロシアフィギュアスケート連盟のインタビューの中で、秋田犬への思いを次のように話していた

「オリンピック前、日本で合宿をしていたんですが、その時読んだ雑誌に秋田犬の写真が載っていました。秋田犬は映画「ハチ公物語」で知られる犬です。

「私はすぐに気に入り、そんな忠犬を飼いたいと思いました」

「母に秋田犬を飼いたいと言ったら、『オリンピックでいい成績を残せたら考えましょう』と言ってもらいました」

そんな"秋田愛"を示したザギトワ選手に対して、秋田県は秋田犬のぬいぐるみの贈呈を発表。

サンケイスポーツによると、佐竹敬久知事は報道陣に対して「犬そのものも、選手の両親が許せば贈りたい。飼う前に秋田に来てくれたら歓迎する」と答えており、犬の贈呈にも前向きな姿勢を見せていた。

ロシアのプーチン大統領も、日本から贈られたメスの秋田犬「ゆめ」をかわいがっている