WORLD
2018年03月06日 13時36分 JST | 更新 2018年03月06日 13時55分 JST

エナジードリンクは、16歳になってから。イギリスのスーパーが子供への販売を禁止

健康への影響から、日本でもおなじみのレッドブルやモンスターが買えなくなります。

PA Wire/PA Images
スーパーに並ぶエナジードリンク

レッドブル、モンスター、バーン。全世界で広く親しまれているエナジードリンクだが、子供たちはもう飲めなくなるかもしれない。

イギリスの大手スーパーマーケットが、16歳未満へのエナジードリンクの販売を禁止することを決めた。BBCなどが報じた。

エナジードリンクはカフェインや糖分を多く含むため、これまでに過度な摂取による健康への影響が問題視されており、欧米では規制を求める声が上がっていた。

BBCによると、年齢規制を設けるのは、「Tesco」や「Waitrose」などの大手スーパーマーケット各社や、大手ドラッグストア「Boots」。

1リットルあたり150ミリグラム以上のカフェインを含むエナジードリンクを対象に、購入する客に身分証明証の提示を求める。

時期は各社異なるが、3月中にはイギリスの主なスーパーマーケットで導入される。

日本でもおなじみのレッドブルやモンスターなどが、規制の対象となる見込みだ。

レッドブルの通常版は、8.4オンス(約250ミリリットル)缶で、80ミリグラムのカフェインが含まれている。1リットルに換算すると、カフェイン量はおよそ320ミリグラムとなる。

Arnd Wiegmann / Reuters

またFortune誌によると、モンスターは16オンス(約450ミリリットル)缶で、約160ミリグラムのカフェインが含まれている。

日本で販売されているものは、海外版に比べてものと成分が異なり、カフェイン量は少ないとされている。

子供たちへのエナジードリンクの提供をめぐっては、国会議員や料理研究家、教員団体などから規制を求める声が上がっていた。

ガーディアンによると、毎日15本のエナジードリンクを飲んでいた25歳の男性が自殺したことなどを受けて、イギリスのテレーザ・メイ首相も1月、エナジードリンクが身体や精神に与える影響について調査することを約束。規制の機運が高まっていた。