アート&カルチャー
2018年03月17日 11時00分 JST | 更新 2018年03月17日 12時18分 JST

きんさん・ぎんさんの娘も100歳 親子2代で登場した広告がなんとも微笑ましい

「親子2代で有名な方に撮ってもらえるなんて嬉しいわ」

ダスキンニュースリリースより

きんさん・ぎんさんの娘も100歳、親子2代でアノ広告に登場

1990年代に放送されたCMで、「きんは100歳、ぎんは100歳」という名言が大ブームをおこした双子の姉妹きんさん・ぎんさん。同CMを制作したダスキンは、ぎんさんの娘である千多代さん(今年100歳)、美根代さん(現在94歳)のお2人を起用した新聞広告を18日に掲載。親子2代で同社の広告に登場することとなった。

きんさん・ぎんさんとは、1990年代の日本において記録的な長寿で話題となった双子姉妹である成田きんさんと、蟹江ぎんさんの愛称。100歳を過ぎても元気な姿は「理想の老後像」と言われ、一般人でありながら国民的な人気を誇り、当時の日本国内のマスメディアからも毎年のように取り上げられ、1992年(平成4年)の新語・流行語大賞の年間大賞及び語録賞にも選出された。

今年創業55周年を迎えるダスキンは「人生100年時代」と言われる中で、多様なライフスタイルのユーザーと寄り添った賞品やサービスを提供したいという想いから、「人生100年時代」を象徴する存在として、ぎんさんの娘であるお2人を起用。撮影には、きんさん・ぎんさんの写真も撮った篠山紀信を起用。1991年当時のTVCMと同じ場所で撮影を行った。

1992年の撮影にも付き添ったという2人。篠山紀信とも「親子2代で有名な方に撮ってもらえるなんて嬉しいわ」と、あっという間に意気投合。「カメラの前で笑うのは、泣くより難しい」と笑顔でポーズをとるお2人につられて、見ている方も思わず微笑んでしまう。そんなピースフルな空気が撮影現場を包み込んだという。

ぎんさんの娘である千多代さん(今年100歳)、美根代さん(現在94歳)のお2人を起用した新聞広告は、全国紙と地方紙計51紙にて3月18日(日)に掲載。

関連記事