WORLD
2018年03月18日 13時18分 JST | 更新 2018年03月18日 13時31分 JST

原子力潜水艦がXboxのコントローラーを導入。一体なぜ?

アメリカ海軍長官「まさに驚異的な技術革新だ」

Lucy Nicholson / Reuters
「Xbox」のコントローラーのイメージ画像

湾岸戦争での空爆映像が「TVゲームのようだ」と言われてから、すでに20年以上たった。そしてついに、原子力潜水艦にTVゲームのデバイスが搭載される時代になった。

3月17日に就役したアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦「コロラド」が、家庭用ゲーム機「Xbox」のコントローラーを攻撃型潜水艦として初めて採用したと、AP通信などが報じた。

navylive.dodlive.mil
「Xbox」のコントローラーで潜望鏡を操作する「コロラド」の乗組員(アメリカ海軍のブログより)

海軍の公式ブログによると、コロラドはデジタルカメラを備えた潜望鏡を搭載する「バージニア級」の15番艦。これまでの艦では操縦かんを使っていたが、コロラドはマイクロソフト社のゲーム機「Xbox」のコントローラーを導入している。

USAトゥデイによると、既存の技術を使うことでコスト削減できるほか、若い船員たちが使い方が慣れているというメリットがあるという。リチャード・スペンサー海軍長官は、Xboxを導入したコロラドを「まさに驚異的な技術革新だ」と称賛している