政治
2018年03月27日 13時34分 JST | 更新 2018年03月27日 14時18分 JST

文書改ざんの経緯や関与、全く語らず。佐川宣寿氏はただ、「捜査対象なので答えられない」と繰り返した。〈証人喚問〉

立憲民主党の福山哲郎議員の質疑に答えました。

時事通信社
参院予算委員会の証人喚問で挙手する佐川宣寿前国税庁長官=3月27日午前、国会内

学校法人「森友学園」との国有地取引をめぐる決裁文書改ざん問題で、佐川宣寿前国税庁長官への証人喚問が3月27日、参院予算委員会であった。

立憲民主党の福山哲郎議員は、決裁文書の改ざんへの佐川氏の関与などについて追及。佐川氏は、自身が捜査対象になっており、刑事訴追の恐れがあるとして、「答弁を控えさせていただきたい」と繰り返した。

また、改ざんの経緯や自身の関与を語らないのに、安倍晋三首相や麻生太郎財務大臣の関与を否定できるのかと追及された場面では、「私が理財局長していた間、官邸や大臣の指示がなかったので、そう申し上げた」と述べた。

福山議員と佐川氏の主なやりとりは、次の通り。

福山議員:なぜ文書改ざんする必要があったのですか。

佐川氏:大変恐縮でございます。決裁文書の経緯などについては、私、捜査(対象)の立場でありますので、答弁を控えさせていただきたいと思います。

福山議員:文書の改ざんについて、あなたは関わっているかいないか。関わっていないならここで明確に関わっていないとおしゃればいいのに。ここは証人喚問で事実を解明する場だから。あなたが言うように理財局の中で改ざんしたというなら、あなたはその中の一人として関わったということですね。

佐川氏:今の質問もまさに、今の捜査が行われている中の話であって、誰がどういうふうに関与したのかというのは、私も含めまして今捜査の対象になっているということでございます。

福山議員:関わっていないんだったら関わっていないと言えばいいじゃないですか。理財局の中でやったということを言われてるということは、あなたもそのうちの一人だということですね。もう一回お伺いします。

佐川氏:その点も含めて、まさに誰がどういう経緯でということが捜査対象になっているということです。

福山議員:もう一つ分からないんですね。改ざんの経緯については刑事訴追の恐れがあると言って全く答えないのに、なぜ総理官邸や大臣の関与だけは明確に否定されるんですか。これも経緯なんじゃないんですか。

佐川氏:とうとう申し上げましたが、この案件は国有財産の売却という個別案件でございまして、そういうものは理財局の中で対応するものです。昨年私が理財局長しておりました間、そういう官邸や大臣の指示がなかったので、指示がありませんでしたという風にお答え申し上げてるところです。

福山議員:関与したかどうかわからないあなたには、(官邸や大臣の)指示をもらったどうかなんて関係ないじゃないか。関与したかどうかも言ってないんだから、全く矛盾してると思いますよ。